ドスパラは365日毎日出荷!

個人のお客様はこちらからご購入をお願いいたします。

詳しくはこちら Windows 10 Pro

Xeon(ジーオン)とは。Core i7、i9との違い

記事画像

「会社のパソコンを買い替えたいけれど、選び方がよくわからない」
「法人パソコンは何年で買い替えるべきなの?」
「自分に合ったパソコンを選んで効率よく仕事したい」
とお悩みの方へ。

情報システム部などがいない中小企業は、パソコンの買い替えや諸々の手続きも自分がしなくてはいけません。しかし、パソコンに詳しくないと選び方や買い替えのタイミングはよくわからないものです。

この記事では法人パソコンの買い替えを検討している人に向けて、買い替えのタイミングや注意点、業務別におすすめのパソコンをご紹介します。

Xeon(ジーオン)とは

Xeonはワークステーション・サーバー向けのCPUである

XeonはインテルCPUのブランド名であり、主にワークステーション・サーバー用途向けに販売されているCPUです。インテルのCPUと言えばCoreのイメージが強くて聞き馴染みがない方も多いからもしれません。両者の違いをよく理解しておくことが重要です。

Xeonは業務用サーバーやワークステーション用途向けに特化されたCPUで、専用のマザーボードや対応メモリと組み合わせることによって、機能の拡張と、システム全体の信頼性の向上を図ることができます。一方、Coreは自宅で使うようなパソコンに主に採用されています。

Xeonは、Core i7、i9とは何が違う?

インテルにはCoreシリーズとも呼ばれるCPU群がありますが、XeonとCoreシリーズでは、いくつかの面で全く異なるCPU性能を示しています。

Xeonは最大56。最も違うのはコア数

最も違う点はコア数の多さです。Xeonは極端に多くのコアを持ち、また、利用できるメモリ数が多く設定されています。

例えばi7が8MB程度の内部メモリを保つ場合にXeonは12MB以上のメモリを持ち、CPU内部での処理において高い性能を出せるCPU性能があります。これらの性能は一般向けのパソコンではあまり発揮されることが少ないことから、i7などXeon以外のCore世代が利用される傾向が強くなっています。

「CPU性能をフルで使う処理」で力を発揮

タスク処理数はコア数だけで計れないこともありますが、コア数が多いCPU向けに最適化されるアプリケーションも増えてきていて、Xeonの力を発揮できるソフトウェアが増えています。

Xeonが力を発揮するアプリケーションとしては大規模シミュレーション、ビデオエンコーダーなどのCPU性能をフルに使う処理などがあります。Xeon導入を検討する場合は、「このようなアプリケーションを使用するのかどうか」が検討材料となるでしょう。いくらCPU性能が高くとも、その性能を使わなければ、ただの宝の持ち腐れです。

なおクラスタリングは、i7などのように1CPUしか使えないコンピュータでは効率が悪いこともあり、Xeonのようにマルチプロセッサ対応CPUが必要です。

Xeon®を選ぶメリット・デメリット

Xeon®のメリット

Xeon®の特徴は「コア数が多い」ことです。

コア数が多いことで、作業の効率性が上がる作業には以下のようなものが考えられます。

  • 4Kや8Kなどの画像処理
  • 4K動画の編集
  • 超ハイスペックゲームの開発

このような作業を日々大量に繰り返して行う方は、Xeon®を導入することで得られるメリットがあります。

Xeon®のデメリット

Xeon®のデメリットは「高額」な点です。メリットとデメリットどちらの面からみても、Xeonは「個人向けではなく法人向け」であると感じていただけたのではないでしょうか?

高額であるというデメリットがあるからこそ、それを上回る導入メリットがあるのかどうか、よく検証する必要があります。

Xeon製品のラインアップ

Xeonには、Coreでいうところのi3やi5のように様々な種類があります。以下の記事では、そんなXeon製品のラインアップを詳細にご紹介しています。合わせてご覧ください。

おすすめのXeon 搭載ワークステーション3選

Xeon® W-2123標準搭載 THIRDWAVE Pro WORKSTATION X2612

スタンダードモデル「THIRDWAVEPro WORKSTATION X2612」は、Intel W-2100シリーズを搭載。最大18コア、36 スレッドが可能であり、最新のNVIDIA® GeForce® RTX,Quadro®シリーズを最大2基搭載可能。

高解像度の映像処理、コンテンツ制作者、プロデザイナー、ディープラーニング(深層学習)研究に最適なワークステーションとなっています。Autodesk,Moldex3D,NVIDIA VR Readyなど、ソフトウェアベンダ(ISV)互換性テストと検証は実施済。アイドル時31.3dBA と図書館内の環境より静かな作業環境を実現しています。

Xeon® Silver 4210標準搭載 THIRDWAVE Pro WORKSTATION X4612

拡張性と強力なパフォーマンスを実現したハイエンドモデル。Xeon® Silver 4210標準搭載。デュアルプロセッサー構成時では、最大28コア・56スレッドが可能です。

NVIDIA® Quadro®、NVIDIA® GeForce® シリーズのウルトラハイエンド・グラフィックスカードを最大で2枚搭載可能。デスクサイドでの使用を想定し、商用100V 電源での運用が可能。高解像度のビデオ・オーディオ編集、ディープラーニング、CAE/CAD、3Dアニメーションなどで活躍します。

Xeon® W-3223 標準搭載 THIRDWAVE Pro WORKSTATION X6612

Xeon® W-3223を標準搭載したプロフェッショナル向けハイエンドモデル。最大28 コア・56 スレッド可能でグラフィックスとしてはNVIDIA® Quadro® 、NVIDIA® GeForce® シリーズのウルトラハイエンド・グラフィックスカードを最大4枚搭載可能。

ビデオ・オーディオ編集など、大量のメモリ領域を使用するアプリケーションの高速化が期待できます。また仮想化アプリケーション、大量のデータを扱う科学技術計算処理の高速化に貢献します。

まとめ

今回の記事では以下の4つのポイントでXeonについてまとめました。

・Xeonとは何か
Xeonは業務用サーバーやワークステーション用途向けに特化されたCPUで、機能の拡張と、システム全体の信頼性の向上を図ることができます。
・XeonとCore i7、i9との違い
XeonはCore i7, i9よりも極端に多くのコアを持ち、利用できるメモリ数が多く設定されています。Coreは通常のパソコンに搭載されているCPUです。
・Xeonを選ぶメリット・デメリット
Xeonは4Kや8Kなどの画像処理、4K動画の編集、超ハイスペックゲームの開発に向いています。高額な点がデメリットでため、それを上回るメリットを発揮するような使用方法なのかどうかを吟味しましょう。

ここ数年で普及してきている、AIのディープラーニングなどを導入したサーバーマシンにする場合、Xeonが必要です。

Xeonを導入することでパフォーマンスが上がるような作業を繰り返し何度も行うのかどうかの見極めが肝心です!

投稿日:

おすすめ情報

  • THIRDWAVE Pro F-13KR 誕生
  • ワークステーション決算キャンペーン
  • THIRDWAVE ProデスクトップPCリニューアル

おすすめ製品・キャンペーン情報

  • TWProTascal
  • THIRDWAVE Pro DX-C5
  • THIRDWAVE ProデスクトップPCリニューアル
  • INSPUR サーバー
  • AMD EYPC搭載サーバー N4110-G2 製品レビュー
  • 7to10

ページTOPへ

※ Celeron、Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Atom、Intel Core、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Pentium は、
アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※ Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
※その他のすべての商標は、それぞれの所有者に帰属します。

詳細はこちら