グラフィックカード交換・アップグレードのことならドスパラへ!

CPUの交換・アップグレードサービス

3日以内に返送

お申し込み方法はこちら

ゲームや編集作業をしていて、こんなことはありませんか?

  • 高画質なゲームを起動するとカクカクして全くゲームにならない…。
  • 最新のゲームをしたいけど、グラフィック性能が足りてない…。
  • 動画や画像編集のクオリティをあげたい…。

グラフィックの性能を上げたい・・・とお考えの方へ

そんなときはドスパラの
「グラフィックカードアップグレードサービス」をご利用ください。

目的に合わせた最適なグラフィックカードをご提案させていただきます

お申し込み方法はこちら

グラフィックカードアップグレードサービスのポイント

作業員イメージ

目的に合わせたグラフィックカードで動作や編集を快適に!

ゲームや動画、画像の編集クオリティ向上など、
使用目的に合わせたグラフィックカードに交換するため、
動作や編集クオリティを格段に上げることができます!

データは全てそのまま!

パソコンを買い換えた場合、以前のパソコンからデータを引越ししないといけません。
しかし「グラフィックカードアップグレードサービス」ならお使いの環境のまま、ゲームや編集作業が快適になります。
面倒な引越し作業は不要です!

WEBで申し込んで後は待つだけ!

ご覧のWEBページから簡単に申し込みができます。
ご自宅までパソコンを引取に参りますので、待っているだけでパソコンをアップグレードすることができます。
パソコンは当店到着後、3日以内にアップグレードしてご返送いたします。

週末のお申し込みで、翌週末にはアップグレードされたパソコンが戻ってきます

料金

平均価格35000円(税込)

  • ※上記価格は、グラフィックカードアップグレードサービスをお申し込みいただいた場合の、平均的な部品代込みでの価格(=実際にお支払いいただく価格)になります。
  • ※グラフィックカードの性能によっては、電源パーツの交換が必要になる場合がございます。

お申し込み方法はこちら

事例紹介

  • ゲームの動きが遅く快適にプレイできない
  • お客様環境
    自作パソコン

  • 搭載されているグラフィックカードの性能が低く、ゲームの動作が遅い事が判明。

  • グラフィックカードの交換をご提案し、ご利用のゲームに最適な商品をご購入頂いた後、増設作業をおこないました。

上記により、ご自宅ですぐに使用できるように設定完了致しました。

  • 作業費
    26,575円(税別)
    <内訳>
    ・グラフィックカード交換4,000円(税別)
    ・部品代金22,575円(税別)
  • 原因
    グラフィックカードの性能が低い
  • 作業時間
    3時間
  • ※上記設定内容はあくまで一例となり、状況によりサービス内容が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • ※価格は受付当時の税抜表記になります。
  • ※修理期間および費用は商品、症状、作業の内容により異なりますのでスタッフにご相談ください。

お申し込み方法はこちら

サービスご利用の流れ

1、WEBから引取アップグレード依頼

WEB引取修理

WEB引取アップグレードのメリット

・近くにドスパラ店舗がなくても利用可能です。
・「梱包おまかせプラン」なら、
  専用ボックスで梱包し安全に輸送いたします。
・日中忙しい方でもお近くのコンビニから送る事ができます。

WEB引き取り修理ご利用の流れはこちら

2、最寄りのドスパラ店舗へ持ち込み

最寄りのドスパラ店舗へ持ち込み

持ち込みアップグレードのメリット

・パソコン専門店の熟練スタッフが、直接相談を承ります。
・予約不要!すぐに持ち込んで診断できます。
・送料分のコストを抑える事ができます。

持ち込みアップグレードご利用の流れはこちら

グラフィックカードの特徴や交換について知ろう!

グラフィックカードイメージ

グラフィックカードはGPUとも表現されるパソコンのパーツで、パソコンの映像処理に関わってくるものです。

メーカー市販のパソコンなどでは、最初からGPUが備わっていないものもあります。

ゲーム画面イメージ

グラフィックカードの性能については、クロック周波数や、データの処理速度を示すCUDAコア数を確認して判断します。
どちらも数値が大きいほど、性能の高いグラフィックカードだと言えるでしょう。

また、グラフィックカードには、メモリ(VRAM)も内蔵されています。
このグラフィックに内蔵されているメモリは、解像度や画像の処理に関わってくるものです。
通常であれば2GBでも十分ですが、ゲームなどで使用する場合はそれ以上のメモリが必要となってきます。

組み合わせイメージ

グラフィックカードの種類は、一般的に使用されているものでGeForceとRadeonが主流です。
ベンチマークのスコア的にはGeForceの方が上ですが、総合的に見ればどちらも同じくらいになります。

Intelとの組み合わせやゲームで使用するならGeForce、AMDとの組み合わせや動画、写真をきれいに見たいのであればRadeonが多く使われているので、参考にしてみても良いかもしれません。

グラフィックカードの交換のしかたは?

グラフィックカードの場合、交換はもちろん初めて取り付けることも少なくないかと思います。交換、取り付けの手順について確認してみましょう。

1.パソコンケースを開ける

グラフィックカードは、パソコンケースの内部に取り付けるものです。
まずはパソコンのケースを開けることから始めます。このとき、パソコンの電源も一緒に落としておきます。開け方が分からない場合などは、あらかじめ説明書を用意しておきましょう。

  • ※ノートパソコンや、モニタ一体型パソコンなど、グラフィックカードが拡張できないものもあります。
  • ※あらかじめ拡張できるかどうか、マザーボードを確認しておきましょう。

また、グラフィックカード側の確認も大切です。例えば、高性能なグラフィックカードだと、補助電源が必要になる場合があります。
そのため補助電源にピンを挿せる電源パーツなのかどうか、確認しておく必要があります。

2.グラフィックカードを取り付ける

デスクトップパソコンの場合、マザーボードに、拡張スロットPCI Expressがついています。スロット数は×1から最大×16まであり、グラフィックカードの場合たいていは、×16のスロットの場所に取り付けることになります。グラフィックカードを取り付ける際は、できるだけ上にあるx16のスロットに取り付けるようにしましょう。あとは、奥までしっかりと差し込み、コネクタをしっかり差し込むだけです。

3.パソコンケースをもとに戻す

取り付けが完了したら、ビデオカード端子が背面にあるかどうか確認します。あとは元通りにパソコンケースを戻し作業終了です。インストールが必要な場合は、付属のCD-ROMなどで行いましょう。

  • ※上記は交換方法の一例となります。
  • ※上記作業をご自身で行う際は自己責任となりますので、ご了承ください。
  • ※上記作業をしたことで起こった故障等に関して弊社では保障いたしかねますので、ご了承ください。

自分で交換作業をするのは不安・・・という方はドスパラにおまかせください!

お申し込み方法はこちら

グラフィックカードがおすすめの方

グラフィックカードは通常使用する範囲でなら、あまり必要性は高くありません。
それではどのような場合にあると便利なのでしょうか。

ゲームを快適に楽しみたい

ゲーム画面イメージ

グラフィックカードを取り付ける理由の多くにあげられるのが、ゲーム用に取り付けたいというものです。

パソコン用ゲーム、特に3Dグラフィックスが使用されている場合、通常の画像処理では追い付かず画面がカクカクしてしまうことがあります。

また、ゲームのジャンルによっては、高画質である方がやりやすいということも・・・
パソコンでゲームをすることが多いという方や、より快適にゲームを楽しみたいという方にグラフィックカードの交換はおすすめです。

画像や動画を編集する

動画画面イメージ

例えば仕事で画像を扱ったり、動画を編集する場合、クオリティをあげるため、より高性能なパソコンで編集したい方に、グラフィックカードの取り付けがおすすめだと言えます。

また、液晶画面を2台以上にするデュアルモニターにしたいという方にもグラフィックカードはおすすめです。

お申し込み方法はこちら

お気軽にドスパラにおまかせください

当店ご購入品はもちろん、他店で購入した「東芝」「富士通」「NEC」「SONY」「IBM/Lenovo」「DELL」や「HP」、その他各社メーカー製パソコンもご相談承ります。
パソコン専門店ならでは高い技術力と、専門知識を持ったスタッフが親切、丁寧に対応いたします。 お気軽にご相談下さい。

お困りの方は、今すぐお電話を

予約不要・直接来店OK!

03-4332-9653

メールでご相談

おすすめのポイント

  • 対面相談

    経験豊かな専門スタッフが丁寧に説明いたします。

  • パソコンのパワーアップ

    パソコン専門店だからいつでも最新のパーツをお選びいただけます。

  • 高い技術

    秋葉原で創業20年以上の信頼と実績。多くの実績で培った高い技術力が自慢です。

  • 価格設定

    メーカー修理と比較して1/2〜1/3の価格で対応可能です。

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ