Windows起動するとUSB機器が使用できなくなる

Windows起動するとUSB機器が使用できなくなる

デジノスパソコンでWindowsを起動するとUSB機器が使えない事例

今回のご相談内容は、Windowsを起動すると、USB機器が使えなくなるというものでした。
まず、ハードウェアに問題がある可能性があったため、ハードウェアの診断を実施。
検証用のハードディスクを使用してWindowsをセットアップした後、USB機器を挿入すると正常に動作することが確認できたため、Windowsシステムに不具合が起きていることが分かりました。

まず対策のひとつとしてWindowsの復元を試みましたが、復元自体が失敗する状態であったために、復元を断念。
もうひとつの対策として、お客様にはWindowsの再セットアップを行い、パソコンを工場出荷状態に戻すことをご提案しました。
ご承諾いただき、Windowsディスクを使用して、Windowsの再セットアップを実施。

基本診断6,000円、Windowsインストール設定12,000円の計18,000円(税別)、修理期間2日でお引き渡ししました。
なお、Windowsの再セットアップを行い工場出荷状態に戻った後も、USB機器が正常に動作するか確認を実施しました。
動作が確認できたため、その後お引き渡ししています。

USB機器が使用できなかったときの予備知識

USB機器の認識ができないと言ったトラブルは、Windowsのシステムエラー以外にも起こることがあります。
USB機器が使用できなくなったときの対策について、順を追って確認してみましょう。

USBポートを確認する

まず、USB機器を認識しない場合、USBポートが破損していないか確認を行います。
見た目だけでは分からない場合で複数のポートがある場合は、ほかのポートでも問題がないか確認してみましょう。

ほかのポートで問題なく作動した場合は、ポートが破損している可能性があります。
どうしても使用するポートであれば、修理が必要となるでしょう。

USB機器を付け直す

場合によってはたまたま認識がされなかったという場合があります、一度パソコンの再起動を行い、USB機器を付け直してみましょう。

USB機器の確認を行う

もし別のパソコンがある場合は、ほかのパソコンでもUSB機器が問題なく作動する確認してみましょう。
作動しない場合は、USB機器自体が故障している可能性があります。
また、新しくUSB機器を使用する場合は規格が異なる可能性もあるので、合わせて確認すると良いでしょう。

システムを復元する

改善されない場合は、システムの復元を行います。
システムの復元とは、問題の無かった以前のシステムの状態に戻すということ。
システムエラーの場合は、このシステムの復元によって改善されることがあります。

USBドライバの再インストール

USBドライバのシステムに問題がある場合は、再インストールを行うことで問題が解決することがあります。
デバイスマネージャーから該当のドライバを削除し、パソコンを再起動。再起動後に自動的にインストールが行われるので、開けるようになるか確認します。

Windowsを再インストールする

どの方法でも解決しない場合に考えられる方法が、Windowsの再インストールです。
再インストールを行うとWindows本来の機能を取り戻すことができますが、工場出荷前状態に戻ってしまいます。
今回の事例でもそうでしたが、どの方法でも解決できなかったときの手段として用いるのが良いでしょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ