起動中にフリーズしたり、電源が落ちてしまう

起動中にフリーズしたり、電源が落ちてしまう

起動中のフリーズ・電源が落ちてしまうことについて

今回のご相談内容は、パソコン起動中に突然フリーズしてしまったり、電源が急に落ちてしまったりするという内容です。
調査のためパソコンの内部を点検した結果、埃や汚れがパソコン内にたまっていることを確認しました。

そしてそれに加えて、その埃によってCPUファンが回転できなくなってしまっている状態も確認できました。
これが突然のフリーズの直接的な原因と考えられます。

しかし、この埃をすべて取り除いてもCPUファンが動くことはありませんでした。
よって、CPUファンの交換と内部クリーニングの実施を決めました。
この結果、パソコンの修理は正常に完了いたしました。

この修理にかかった金額は、基本診断料である6,000円、パーツ代である3,463円、CPUファン交換工賃(会員)である4,000円、内部クリーニング代金である3,000円で、合計16,000円となりました。
なお、この金額は税抜です。修理にかかった日数は比較的短めの1日です。

CPUファンの故障に対する対処法・補足事項

CPUファンの故障は、パソコンのフリーズや電源が落ちてしまうこと以外でも大きな影響力を持ち、パソコンをとても危険な状態にしてしまう場合があります。
まず、このCPUファンとは扇風機のような形をしています。

CPUという内部の大切な部分を冷やしてくれる 機能を持ち、ここが壊れてしまうと冷やす役割がなくなってしまうので大きな被害に繋がるのです。
なぜならCPUとはパソコンのブレイン的な存在なので、非常に大きな熱を発するからです。時には100度を超える高熱を発することもあるので、パソコンが止まってしまう可能性があります。
それに加えて火災などが発生する場合もあるのです。このCPUファンの故障を食い止めるにはどのような対応をすればいいのかご紹介したいと思います。

定期的にグリスを塗る

CPUとCPUファンの金属板の間には、グリスというものが塗られています。
これによって、CPUの熱を金属板に伝導することができるのです。
これが不足していることで、上手く熱を伝導することが出来なくなって、CPUの高熱化とCPUファンの故障につながってしまいます。

長い間同じパソコンを使い続けていると、経年劣化でグリスの熱伝導が上手くいかなくなることもありますので、その際にグリスを塗り直すことが必要になってきます。
いろいろな素材で出来たものがあるので、カスタマイズして選ぶのもアリです。

部屋の室温に気を付ける

冬場など、冷えた部屋の中で急にパソコンを起動させると大きな負荷がパソコンにかかってしまい、CPUに莫大な負担がかかることがあります。
これがまた故障に繋がることもありますので、部屋の室温を適温に調整してからパソコンを起動させるようにしましょう。

データが大きいソフトを大量にダウンロードしない

データ容量が大きい3Dゲームなどを大量にダウンロードしたままにしておくと、CPUにまた大きな負荷をかける可能性があります。
使わなくなったソフトは随時消すようにして、CPUの温度を上げ過ぎないようにしましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ