Windowsが再起動を繰り返し起動しないケースについて

Windowsが再起動を繰り返し起動しないケースについて

パソコンが再起動を繰り返し起動できない場合の対処法

今回のお客様のお困りごとは、自作パソコンが勝手に再起動を繰り返し、Windowsが起動しないというものです。 パソコントラブルの中でも厄介なケースです。 まず物理的原因から調べてみます。

ケースを開けてみると内部にホコリがかなりたまっていて、メモリやビデオカード等の部品の接触箇所近辺にもホコリが付着しています。 詳細に調べてみるとメモリに関しては接触不良の症状を確認、ビデオカードに関しては既に故障していました。

修理内容はまずパソコン内部を徹底的にクリーニングし、ホコリや汚れを除去。 メモリ部分の接触不良はこれで改善しました。故障しているビデオカードは部品交換にて対応。 作業完了後何度か電源を入れなおしパソコンが正常に起動することを確認。 修理は無事完了しました。

この修理にかかった費用は基本診断料6,000円+内部清掃工賃3,000円、ビデオカードパーツ代11,000円+交換工賃4,000円で合計24,000円(税別)です。
作業に関しては1日ですべて完了することができました。

パソコン内部にホコリが溜まることによるトラブルについて

パソコンは精密機器であるため、内部にホコリが溜まるとパーツ同士の接触不良を起こしたり、ファンの動きが悪くなったり排気口が詰まったりして熱暴走を起こすなど、故障の原因となります。 パソコン内部は各部品を冷却するためにファンが回っています。 常に吸気と排気の空気の流れがあるため、外部から空気とともにホコリを吸い込んでしまいますのでホコリが溜まりやすい環境にあります。 故障を防ぐためにも定期的にパソコン内部のクリーニングを実施することを推奨します。

パソコン内部にホコリが溜まることは基本的にデメリットばかりです。 ホコリが原因で考えられる悪影響を、以下にまとめてみました。

1.パソコン内部にホコリが溜まると、部品の上に堆積したり、空気の流れが悪くなったりして、温度が上昇します。熱による各部品へのダメージが懸念されます。

2.パソコンの内部や各部品は、回路や基板が露出しています。そこに直接ホコリが付着することによってショートを引き起こしたりと破損の原因となることがあります。

ホコリが付着する箇所別による悪影響も以下にまとめてみました。 やはりホコリは定期的に清掃して取り除くのがベターです。

1.パソコン内部で一番ホコリが溜まりやすい場所、それはCPUクーラーです。ホコリの影響でCPUの冷却が上手く行われなくなると、パソコンの電源が落ちたり、パソコンの動作がおかしくなったり、ファンに異音が生じたりしてしまいます。

2.パソコンのケースに付着しているホコリは換気が上手くいかなくなり、パソコン内部の温度上昇に繋がります。各部品の寿命が短くなったり、故障の原因となったりします。

3.電源のファン近辺にホコリの堆積も、冷却が上手くいかなくなり電源の温度が上昇してしまう原因となりますのでよくありません。電源内部のコンデンサの破損につながる可能性があります。

4.グラフィックボードもホコリが溜まりやすい箇所です。元々温度が上昇しやすい部品でもありますので、ホコリが溜まると熱による故障が考えられます。

5.マザーボードに関しては、回路や基板が露出している部分ですのでホコリの悪影響を受けやすい箇所です。接触不良やショート、熱によるコンデンサの故障の可能性があります。また帯電してしまうとパソコンの起動にも影響を及ぼします。

6.メモリー部分についてはホコリの影響を受けにくい箇所ですが、やはりホコリが溜まると熱による故障や接触不良を起こしたり、メモリーが帯電してしまいパソコンが起動しなくなったりします。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ