Web接続で変なサイトがポップアップする

Web接続で変なサイトがポップアップする

富士通 FMV LIFEBOOKのWeb接続で変なポップアップが出る事例

今回の相談内容は、富士通 FMV LIFEBOOKで、Webに接続すると変なサイトのポップアップが表示されるというものでした。
店頭で問題のパソコンを立ち上げ、インターネットブラウザを表示したところ、相談内容に合ったようなポップアップが表示されることを確認。

専用のソフトを使用して、症状の詳細を確認しました。
すると、サイトの内容やポップアップの内容から、パソコンがウイルスに感染していることが分かりました。

ウイルスの感染が分かったことから、サポート専門スタッフが専用の駆除ソフトを使用してウイルスの駆除を実施。
駆除ソフトで駆除できる段階であったため、問題になっているウイルスを全て駆除することに成功しました。

今回のウイルスの駆除に伴いかかった費用は、簡易診断463円、マルウェア調査・駆除サービス10,000円の計10,463円(税抜き)です。
ウイルス駆除後は、ご相談のあったサイトアップの表示はなくなりました。診断からウイルス駆除までかかった期間は1日で、翌日にはお引き渡ししています。

パソコンとウイルス感染に関する予備知識

まず、コンピュータウイルスは、コンピュータの正常な動作を妨げるプログラムなどのことを指します。
プログラムを破壊するウイルスのほか、情報を盗むスパイウェア、パソコンをのっとるボットやトロイの木馬などもあり、これらを総称してマルウェアと呼びます。

今回の事例では、パソコンがウイルスに感染していることでポップアップが表示されるなどの不具合が起きていました。
しかし、ウイルス(マルウェア)感染している場合、こうしたポップアップだけでなく様々な影響が考えられます。

変なポップアップやサイトが表示される

今回の事例にあった、変なポップアップやサイトの表示です。
変なポップアップは、通常のサイトではなく、意味の分からないものやアダルトサイトなどの怪しいものであることが多くあります。
いつもインターネットに接続しても表示されないのにもかかわらず、変なポップアップが頻発するようになったらウイルス感染を疑った方が良いでしょう。

パソコンが動かなくなる

ウイルス感染によって、プログラムが削除され、パソコンやソフトなどが正常に動かなくなることもあります。
例えば、パソコンが突然フリーズやシャットダウンする場合は、ウイルスに感染している可能性も考えられるでしょう。

ファイルが削除される

マルウェアの中には、乗っ取り型のものもあります。
乗っ取り型のものに感染した場合は、ファイルが削除されたり、勝手に情報が閲覧されたりする可能性もあります。

また、抜き取り型の場合は、情報が勝手に盗まれ、パスワードなどが悪用されて実害があることも。
今回は、ポップアップだけで済んでいますが、ほかにも感染によってさまざまな影響が考えられるのです。

マルウェアの感染を防ぐために

マルウェアを完全に防ぐことは難しいですが、ウイルスソフトを導入することで感染のリスクを限りなく抑えることは可能です。
トラブルに直面する前に、ソフトを導入してマルウェアに感染しないよう対策を打っておきましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ