ウイルスに感染したときの対処法

ウイルスに感染したときの対処法

当社製ノートパソコンで変な広告が表示される事例について

今回のご相談は、お手持ちの当社製ノートパソコンについてです。
パソコンを使っていると変な広告が表示されることや、自分で入れた覚えのないソフトウェアがインストールされているとの相談内容でした。
今回のケースのように、怪しげな広告が表示される場合、パソコンが何らかのウイルスに感染している可能性が考えられます。

そこでまず、パソコンの状態を確認するために、ウイルスの感染状況をチェックしました。
その結果、アドウェアやマルウェアなど合計410か所のウイルス感染が発見されました。

対応として、専用のソフトを使って、ウイルスの削除を行いました。
また今後、ウィルスの感染を防ぐためにウィルスセキュリティソフトをインストールしました。

料金は、ウイルス駆除のための作業料金5,000円、再感染を防ぐためのソフトのインストールや更新作業を含むウイルス対策ソフト料金5,000円、合計10,000円(税別)でした。
また今回は、ウイルスの検出から削除まで、1日で作業が完了しました。

ウイルス感染の予備知識

今回のケースのようにパソコンの画面に異常な表示が出る場合、ウイルスの感染が考えられます。
ウイルスの感染経路はいくつかありますが特に注意するのは以下の4点です。

1.メールの開封

送られてきたメールが迷惑メールであった場合、メールを開くとウイルスに感染することがあります。
また、メールの本文に記載されているURLをクリックすると感染することもあります。

迷惑メールはメールマガジンなどを装って送られてくることもあるので、メールの開封は慎重に行うようにしましょう。
送信元のメールアドレスをその都度確認することが大切です。

2.Webサイトの閲覧

Webサイトを閲覧しているうちにウイルスに感染してしまうことがあります。
怪しいサイトにはアクセスしないようにしましょう。
また、掲示板やSNSなどに記載されているURLから、そのようなサイトにアクセスしてしまうこともあるので、サイトはURLを確認してからアクセスするようにしましょう。

3.ファイル・ソフトウェアの使用

無料で配布されているファイルやソフトウェアの利用は危険な場合があります。
無料配布のソフトを使う場合にはセキュリティソフトで確認をするようにしましょう。
また、ソフトウェアはこまめにアップデートをすることも大切です。

4.パソコンの環境

パソコンをウイルス感染から守るためにもセキュリティソフトを入れておくことをおすすめします。
ソフトはウイルスの検出率が高く、機能が充実しているものが良いでしょう。
また、ソフトは常に新しい状態にするため、アップデートを忘れないようにしてください。

ウイルス感染を防ぐためにも、セキュリティソフトのインストールをおすすめしますが、セキュリティソフトを装ったウイルス「偽装セキュリティツール」というものも存在するので注意しなければなりません。
偽装セキュリティツールとは、ウイルス感染の恐れがあると警告を表示し、駆除するための金銭を要求するソフトウェアのことです。

感染すると、本物のセキュリティソフトが入っていても起動がストップされてしまうこともあるので注意が必要です。
偽装セキュリティツールも、無料ファイルのダウンロードやWebサイト閲覧時に強制インストールされることが多いので、感染を未然に防ぐことが重要です。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ