今まで見たことのない画面がでてきたので、表示されないようにしたい

今まで見たことのない画面がでてきたので、表示されないようにしたい

マルウェア感染による不具合が疑われるパソコンについて

ある日を境に「見たことのない画面が表示されるようになった」とのことで修理をご依頼されました。
また、該当事象の起こる前後から無線LANでインターネットに接続することができないことに加えて、マウスを接続時にタッチパッドも有効になる、と不便さを感じていたようです。

対応として、まずワンコイン診断(税抜き463円)にてマルウェアの検出を行ったところ、感染箇所の特定が困難であったため、12,000円のWindows再インストールを実施しました。
また、再度感染しないよう、マカフィーのセキュリティソフトを6,000円にてインストールいたしました。
その上で無線LANの設定を行い、タッチパッドのソフトをインストールして制御できるようにいたしまして完了となりました。

マルウェアに関する予備知識

まず、マルウェアとはどんなものを指すのでしょうか。
「マルウェア」とは、特定もしくは不特定多数のパソコンに感染し、個人情報を盗んだり、個人のパソコンを遠隔操作し、登録されているメールアドレスへスパム配信するなど、といった「悪意のあるプログラムを自動的に実行するソフトウェア」などの総称です。
それゆえに一度感染してしまうと、自分の個人情報(パスワードやカード利用履歴など)が流出、悪用されるだけでなく、気づかないまま自分が新たなウィルスの発信者になってしまうことすらあります。

マルウェアに感染した際の代表的な挙動

・急にパソコンの挙動が重くなった
マルウェアにより第三者を攻撃するための中継局となってしまった場合、自身の操作の有無に関わらずインターネットに接続したり、マルウェアのソフトが常時何らかの動作を行っていることがあります。
そのため、パソコンの挙動は遅くなります。
特に故障していないのにパソコンの挙動が遅いと感じたら、まずはしかるべきセキュリティソフトにより、マルウェアの検知を行うことが肝心です。

・予期せぬメッセージを受け取るようになった
マルウェアに感染すると、見覚えのないメッセージがポップアップされ、更に感染を拡大させたり、個人情報を引き出すための様々な通知を行ってきます。
また、単なる確認に見せかけて購入決済が行われることもあるので、注意が必要です。

・パソコンを使用していないのにモデムやハードディスクの使用音ならびにランプの点等が確認される
パソコンを使用していない際にもモデムやハードディスクの使用音やランプの点等が確認される場合は、外部からのアクセスが考えられます。

常時接続している方はセキュリティソフトが通常通りに起動したり、タイマー予約した機能が稼動したりと、気づきにくいため特に要注意です。
可能であれば必要時以外は電源を切ることや定期的なウィルスチェックは必須です。

マルウェアに感染しないために

最近のマルウェアは自己学習型が多く、何らかの対策を練られたことによりその部分のプログラムを書き換え、セキュリティソフトのスキマをかいくぐるように成長していきます。
そのため、一度感染すると感染箇所の特定は難しく、パソコンを初期化しなければ駆除することも不可能なケースも多くなりました。

そのため普段から以下のような対策をとるよう心がけておくことが大切です。

・不用意に見たことのないサイトへアクセスしない。
・いつものメールマガジンは振り分け機能などを使用し、フィルタリングする
 これによりいつもと違うメアドからのなりすましを区別し、偽サイトへアクセスする機会を軽減する

・偽サイトがあることを常に意識し、ランディングページからの購入の際には充分注意する
・いつもと違う挙動を感じたら、直ちにインターネットから遮断し、セキュリティソフトによるチェックを行う

どれだけセキュリティソフトが進化しても、そのスキマを狙ってマルウェアも進化します。最終的には自身の心がけ次第と肝に銘じておくことをオススメします。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ