ハードディスクの故障対応とやっておくべき大切なこと

ハードディスクの故障対応とやっておくべき大切なこと

ソニー製ノートパソコンで起きたHDD故障の対応事例

今回の依頼は、ソニー製のノートパソコンで、動作が急に遅くなったということでした。
パソコンには大事なデータがあり、まだ見ることができるため、パソコンが停止する前にデータを取り出し、その後パソコンの修理をしてほしいということでした。
パソコンを診断した結果、ハードディスク(HDD)が故障しかかっている状態でしたので、HDDの交換を提案致し、取り出したHDDから必要なデータを取り出しお客様に渡すことで話がまとまりました。

まずパソコンからHDDを取り外し、必要なデータをDVDにコピーし、お客様にお渡ししました。
その後、手配したHDDが到着しましたので、それをパソコンに取り付けたあとWindowsを再インストールし、パソコンを立ち上げました。
さらに、古いHDDから壊れていないアプリケーションとデータを新しいHDDに復旧し、無事パソコンが使えるようになり、お客様に引き渡しました。

今回の経費は、基本診断に7,500円、HDDのアップグレードサービスで15,000円、データバックアップサービスに7,000円となり、総計29,500円です。
また、修復に要した時間は1日でお客様に引き渡すことができました。

パソコンで起きるHDD故障と対策の予備知識

パソコンの主要部品の一つであるハードディスク(HDD)は、数少ない機械部品です。
高速回転する数枚の磁気ディスク上にデータが書き込まれ、磁気ヘッドが常時読み書きしています。
HDDには読み書きを制御する電子回路などの基盤が組み込まれていますが、読み出しや書き込みのエラーが発生しパソコンをフリーズさせる原因の多くは、HDDを構成する機械部品の故障です。

部品の故障が軽微であるうちはエラーが時々起こる程度で済んでいますが、故障がひどくなるに従いエラーの頻度が多くなり、遂にはパソコンが停止します。
完全に故障してしまうとパソコンを起動するOSプログラムが読み込めないため、パソコンの再起動さえできなくなります。

この事例のように、パソコンの動作が重く停止しそうな故障であれば、HDDはまだ動いているためデータを読み出すことができる状況です。
この状況でパソコンを修理に出せば、HDDからまだデータを取り出せる可能性があります。

しかし、パソコンが停止しかかっている状況のHDDでは完全にデータの取り出しはできず、データが書き換えられている可能性もあると考えた方が良いでしょう。
そうなると、HDD交換後にWindowsなどのOSや必要なプログラムのインストール、メールやSNSの再設定などが必要となり、パソコンを元に戻すために数日は掛かります。

こうした最悪の事態を避けるために必要なことは、HDDのバックアップです。
パソコンを購入すると、バックアップデータは1枚のディスクをパーテンションで仕切られたドライブに保存されています。

例えば、いつも使うドライブはC、バックアップはDドライブというように割り振られます。
しかし、ドライブが異なっていてもHDDの機械的構造は同じですので、HDDの機械的部分が故障すればどのドライブであっても読み出すことはできません。
そのため、バックアップは重要な情報を守るために必要な作業です。

HDDのバックアップはDVDや光ディスクに残すことができますが、最近のHDDの容量が大きいため、DVDであればかなりの枚数が必要です。
そこでUSB接続ができる外付けHDDを使用すれば、HDD丸ごとのバックアップができます。

そして、定期的にバックアップを取ることを忘れてはいけません。
また、メールアドレスやデータなど常に変更される情報は、クラウドサービスを利用し常に書き換えるようにしておけば安心です。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ