ゲームプレイ中のフリーズはグラフィックボードに問題がある可能性が

ゲームプレイ中のフリーズはグラフィックボードに問題がある可能性が

ゲームプレイ中にフリーズしてしまう事例について

GALLERIA デスクトップパソコンでゲームをプレイ中、突然フリーズして電源が落ちてしまうといったご相談をいただきました。 症状がゲーム中に起こったということから、ゲームの映像処理に関係する部品、「グラフィックボード(ビデオカード)」に不具合が起こっているのではと想定しました。

専用ソフトを用いて確認したところ、やはりグラフィックボードの故障であることが判明しました。 この場合は、グラフィックボードを交換することで、その後問題なく動くことが確認できました。

また、これを機会に、より快適な環境でゲームを楽しんでいただけるよう、それまでより高性能なグラフィックボードへの交換をおすすめいたしました。 ゲームのプレイ中に突然フリーズするという症状から、念のため、他の箇所の不具合が関連していないかどうかを確かめるため、パソコン全体も診断。

その結果、他の部品には特に不具合がないこと、すべて正常に動くことが確認できました。 こちらの修理代は、診断料6,000円、作業工賃4,000円、交換パーツ代21,834円で合計32,334円(税別)でした。

なお、作業は1日で終了しております。

ゲーム中のトラブルはグラフィックボードに原因が?!

ディスプレイに画像を映し出すための処理をおこなうパーツが「グラフィックボード」です。 ディスプレイ上にどれだけ美しい映像を表示することができるかは、グラフィックボードの性能によって差が生じます。

また、最近のゲームの特徴でもある、3Dグラフィックをいかになめらかに、スムーズに映し出すかという点でも、重要な立場を担っています。 そのため、パソコンでゲームを楽しむためには欠かせないパーツなのです。

また、グラフィックボードの性能の差が、映像の優劣を左右するため、3Dゲームを快適な状態でプレイするためには、ある程度高性能なグラフィックボードの搭載が必要になってくると言ってもいいでしょう。 パソコン内部に組み込まれるパーツは、発熱するものが多く、中でも、グラフィックボード、電源ユニット、CPUは高温になりやすいパーツです。

また、高性能になるほど消費電力も高くなります。より高度な画像を映し出すほど、膨大な量のデータ処理が必要になるため、3Dゲームなどのプレイ中、グラフィックボードは常にフル稼働する状態。 CPUとともに発熱量も大きくなっています。パソコンは熱に弱い精密機器ですので、排熱がうまくできずにパソコンケースの中が高温な状態が続くと、「熱暴走」と呼ばれるさまざまな不具合や故障を起こしやすくなってしまいます。

グラフィックボードが不具合を起こすと、映像が乱れる、止まる、動きがカクカクするなどの症状が現れるのが特徴です。 長時間使い続け負荷が大きくなったときには、パソコンの電源が落ちてしまうことも。

そのため、ゲームプレイ中に画面が急に動かなくなってしまったり、電源が落ちてしまうといった症状には、グラフィックボードに何らかの問題がある可能性が高いと言えるでしょう。 グラフィックボードは、特に発熱しやすいパーツでもあるため、冷却機能以上の映像処理を要求されると、冷却が追いつかない状態になってしまうのです。

また、グラフィックボードは限界まで稼働し壊れるケースが多いため、熱による故障は、修理による回復ではなくパーツ交換となるのが一般的です。 なお、高性能なグラフィックボードほど、耐熱対策にも優れている傾向があります。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ