画面に英語が表示されてWindowsが起動しない

画面に英語が表示されてWindowsが起動しない

SONY製デスクトップパソコン VAIOを起動すると英語が表示される事例

今回のご相談は、SONY VAIO デスクトップタイプでパソコンを起動すると英語が表示され、Windowsが起動しないというものでした。
店舗で確認したところ、Windowsプログラムを読み込むところまでいかなかったため、まずはハードディスクに何らかのトラブルがあるのではないかと予想。

しかし専門の診断ソフトを使用したところ、マザーボードの故障であることが分かりました。

マザーボードの故障の旨を伝え、お客様のご要望をお伺いしたところ、パソコンを購入してから4年が経過し、性能に不満があるとのこと。
経年劣化もありますので、パソコンの買い替えをご提案しました。

お客様からは現在の設定のまま新しいパソコンを使用したいとのことでしたので、持ち込みのPCからハードディスクを取り出し、データの丸ごと引っ越しを実施しています。
メールやソフトなど、そのまま新しいパソコンでも使用できるように設定しました。

今回の作業における料金は、ワンコン診断463円、PC丸ごと引っ越しサービス代15,000円の計15,463円です。60分でお引き渡しできました。

データ引っ越しの予備知識

環境移行といって、ハードディスクに故障が見られなければ、データのほかメールやツールなど環境をコピーして、新しいパソコンで以前の環境に近い状態で使用することができます。
今回の事例のように、ハードディスクが利用可能な状態であれば、環境移行を使用することができます。

パソコンが壊れてしまい困ってはいるが、新しいパソコンは設定を行うのが面倒だ、という場合は、環境移行を行うデータ引っ越しサービスを検討してみると良いかもしれません。
それでは自分でできるデータ移行の方法としてはどのような方法があるでしょうか。

転送ツールのデータ移行

比較的難易度が低いのが、転送ツールを用いたデータの引っ越しです。
例えば、Windowsであれば、Windows転送ツールというものがあります。

Windows間であれば、設定やファイルを引き継げるというものです。
転送ツールをインストールするだけで使用でき、USB接続やLANだけでなくOne Driveを使用した転送ができます。

ユーザーアカウントのほか、音楽や文書などのデータ、メールなどが引っ越し可能です。
一括でデータが引っ越しできるため、データの取り残しも少なく初心者でも安心して使用することができます。

USBメモリや外付けハードディスクのデータ移行

こちらも比較的簡単な方法です。
パソコンの設定内容等をUSBメモリや外付けハードディスクにコピーしておく方法です。

USBメモリは持ち運びにも便利なので、ほかのパソコンで使用するデータの場合は、日頃からこのようなツールを使用すると良いでしょう。
ただし、基本的には手動でデータをコピーが必要となる為、定期的にコピーをする必要があります。

LANでのデータ移行

ほかにもLANを使用したデータ移行の方法もあります。
ただ両方のパソコンが使用できる状態であり、かつ設定が少々複雑であるため初心者には少し難易度が高いです。

こうしたデータ移行ではメールやファイルなどは移行できますが、購入したアプリやセキュリティソフトは引き継げないので注意しましょう。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ