ハードディスクにエラーが表示され、起動が遅いときの対処法

ハードディスクにエラーが表示され、起動が遅いときの対処法

LaVie S LS450/JS6にて、Windows上でハードディスクにエラーがあるという警告が表示され、また、起動が遅い事例について

今回のご相談内容は、お手持ちのLaVie S LS450/JS6にて、Windows上でハードディスクにエラーがあるという警告が表示され、また、起動も遅くなってしまっているという症状でした。

専用のソフトでハードディスクを検査した結果、ハードディスクの故障が確認されました。
幸い、ハードディスク内のデータはまだコピーできる状態でしたので、故障部品の交換と、データのコピーをご提案いたしました。

また、故障していたハードディスクを交換する際にSSDにアップグレード致しました。
データはクローン可能な状態だった為、元の環境のまま高速なSSDを利用可能に致しました。

月額500円(税別)のドスパラプレミアムサービス(解約自由・違約金無し)ご加入により、作業工賃を半額(値引き最大額は 10,000円(税込)で対応いたしました。

修理料金は、簡易診断料6000円+作業工賃15,000円+パーツ代9,980円-プレミアムサービス(月額会員加入のお客様)値引き9259円=21,721円(税別)でした。
原因がすぐに判明したため、作業期間2日でお引き渡しできました。

SSDのメリット

SSDとは大容量のデータを高速で扱える、ストレージデバイス(=記憶媒体)のことです。
SSDに交換すると、電源投入からデスクトップの表示までの時間が最大で2.8倍も速くなります。

利用しているパソコン種類にもよって変わってきますが、確実にスピードが向上し、古いパソコンが劇的にパワーアップします。(当社パソコン調べ)

データの転送速度がハードディスクに比べ、圧倒的に速い点が大きな特徴です。
パソコンの起動ドライブにSSDを搭載すると、WindowsなどのOSやアプリケーションの起動、データのコピーや転送、画像や動画の表示など、さまざまな作業を高速でこなせます。

もう1つの大きな特徴は、消費電力が少ないという点です。
特にノートパソコンでは、移動時などにおいて、バッテリーの持続時間の長短が使い勝手を大きく左右するため、SSDの省電力性能は大きなアドバンテージになります。

v そして更なるメリットがあります。
衝撃に強く、動作音が静かであるという点です。
稼働時には高速回転する円盤にデータを書き込む、または読みだすHDDとは違って、SSDには可動部品が存在しないため、落下や振動など、衝撃に強い点も魅力のひとつです。

したがって、ことノートパソコンの場合においては、より安心して持ち運びできます。
なおかつ、動作音が静かなため、場所を選ばず、さらに快適に使えます。

投稿日:

ページトップ

パソコン(PC)修理のドスパラトップへ