バッテリ着脱可能な8インチAndroidタブレット「Diginnos Tablet DG-Q78N」レビュー Text by 石井英男

IT関連製品で、ここ数年で市場が大きく成長した製品としてまず挙げられるのが、タブレットであろう。昔のタブレットは、大きく重く、価格も高価だったため、主に業務用途で使われていたが、iPadのヒットにより、コンシューマー向けタブレットが続々と登場。タブレット向けSoCの進化によって、タブレットはより薄く軽くなり、高性能になってきた。株式会社サードウェーブデジノスから登場した「Diginnos Tablet DG-Q78N」は、タブレットの中でも特に人気の高い8インチクラスのAndroidタブレットであり、タブレットとしては珍しくバッテリ交換が可能なことが魅力だ。今回は、このDiginnos Tablet DG-Q78N(以下、DG-Q78N)を試用する機会を得たので、早速レビューしていきたい。

■クアッドコアCPU採用で動作は快適

DG-Q78Nは、7.85インチ液晶を搭載したAndroidタブレットである。本体のサイズは、136×201×8.7mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約370gと軽いので、立ったまま片手で長時間持っても苦にならない。SoCとしては、MediaTek MT8382を搭載する。MediaTek MT8382は、クアッドコアCPUのCortex-A7と、GPUのMali-400MPを統合したSoCであり、パフォーマンスは十分だ。メモリは1GB、ストレージは16GBであり、エントリークラスのAndroidタブレットとしては標準的なスペックだ。OSのバージョンは4.4(Kitkat)であり、一部の端末にアップデータが配信され始めた最新の5.0(Lollipop)ではないが、4.x系列の最終バージョンなので、動作が安定しており、不具合も少ない。

液晶解像度は、1,024×768ドットで、いわゆるXGA解像度である。最近のエントリークラスのタブレットでは、1,280×800ドット液晶を採用した製品が多く、1,024×768ドット液晶を採用した製品は少なくなっている。ドット数は、1,280×800ドット液晶のほうが多いが、アスペクト比は8:5とかなり細長い。それに対し、1,024×768ドット液晶のアスペクト比は4:3であり、単行本や雑誌などのアスペクト比に近いため、電子書籍やコミックなどを見る場合に、表示領域が無駄になりくいというメリットがある。液晶の表示品位についても不満はない。液晶タッチパネルは静電容量式で、5点マルチタッチに対応。タッチパネルの感度や精度にも満足できる。

ボディのデザインはオーソドックスだが、背面にはヘアライン加工が施された金属製カバーが採用されており、高級感を演出している。手で持ったときの感触も心地よい。

Diginnos Tablet DG-Q78N
Diginnos Tablet DG-Q78N

mk-0320

mk-0332

mk-0342

■バッテリ交換が可能なので、長期間にわたって利用できる

DG-Q78Nの最大のウリは、バッテリ交換が可能なことだ。バッテリは基本的に消耗品であり、充放電を繰り返すと少しずつ容量が減っていく。タブレットに搭載されているリチウムポリマーバッテリは300~400回程度、充放電を繰り返すと寿命(サイクル寿命)になるのだが、ほとんどのタブレットは背面カバーが取り外せないようになっており、バッテリを自分で交換することはできず、バッテリを交換するにはメーカーに依頼する必要がある(製品によってはバッテリ交換サービスが行われておらず、事実上利用できなくなるものもある)。しかし、DG-Q78Nは、背面カバーをスライドして外せるように設計されているので、バッテリをユーザーが交換できるのだ。背面カバーは、黒色の樹脂パーツと茶色の金属パーツから構成されているが、最初に、黒色の樹脂パーツを外して、茶色の金属パーツを下にスライドさせることで、カバーを外すことができる。バッテリは3.7V/3,800mAhという仕様で、4,000円程度で単体販売される予定だ。

DG-Q78Nは、バッテリが簡単に交換できるので、バッテリのサイクル寿命がきても、メーカーに返送することなく、使い続けられることが魅力だ。特に店舗で注文用に使ったり、営業で使うといった業務用途では、バッテリを交換できることは大きなアドバンテージとなるだろう。

背面カバーは、黒色の樹脂パーツと茶色の金属パーツから構成されている
背面カバーは、黒色の樹脂パーツと茶色の金属パーツから構成されている

まず、黒色の樹脂パーツを上にスライドさせて外す
まず、黒色の樹脂パーツを上にスライドさせて外す

次に、茶色の金属パーツを下にスライドさせることで、カバーを外すことができる
次に、茶色の金属パーツを下にスライドさせることで、カバーを外すことができる

バッテリは3.7V/3800mAhである
バッテリは3.7V/3800mAhである

■インターフェイスやセンサーも一通り搭載

インターフェイスや搭載センサーについて見てみよう。インターフェイスは、microUSBポートとヘッドホン出力が用意されている。microUSBポートは、ホスト機能もサポートしており、USBメモリなどを利用できる。microSDカードスロットも用意されているが、背面の黒色の樹脂パーツの下に隠れているので、頻繁に抜き差しする用途には向かない。microSDカードは、最大32GBまで利用できるので、内蔵ストレージの増設用として使うのがいいだろう。カメラは前面と背面に装備しており、前面が約30万画素、背面が約200万画素である。ワイヤレス機能としては、IEEE 802.11b/g/n準拠の無線LAN機能とBluetooth 4.0をサポートしている。センサーは加速度センサーとGPSを搭載しており、現在地の測位が可能だ。インターフェイスやセンサーについても、必要にして十分なものを搭載しているといえる。

前面カメラは約30万画素
前面カメラは約30万画素

背面カメラは約200万画素
背面カメラは約200万画素

・Google Playストアには非対応だが、代わりにTapnowマーケットなどを利用できる

安価なAndroidタブレットは、Googleの純正アプリケーションマーケットであるGoogle Playストアには対応していないものが多い。Google Playストアに対応するには、Googleの認証を受ける必要があるが、認証にはコストがかかるため、価格を重視した製品ではあえて認証を受けていないのだ。DG-Q78Nも、Google Playストアには対応していないが、代わりにTapnowマーケットやAmazonアプリストアといった、サードパーティのアプリケーションマーケットを利用することで、アプリケーションの入手が可能だ。Tapnowマーケット対応アプリケーションのダウンロードサイトへのリンクがプリインストールされており、アプリケーションをインストールすれば、Tapnowマーケットが利用できる。また、Amazonアプリストアも、サイトにアクセスして対応アプリケーションをインストールすれば利用可能だ。Google Playストアに比べると、TapnowマーケットやAmazonアプリストアに登録されているアプリケーションの数は少ないが、ユーティリティからゲームまで、さまざまなアプリケーションを入手できるので、十分に実用的だ。さらに、「ESファイルマネージャ」や「ESタスクマネージャ」などもプリインストールされている。

出荷時状態のアプリケーション一覧
出荷時状態のアプリケーション一覧

Tapnowマーケット対応アプリケーションのダウンロードサイト
Tapnowマーケット対応アプリケーションのダウンロードサイト

Tapnowマーケットでは、アプリだけでなく、音楽の販売も行っている
Tapnowマーケットでは、アプリだけでなく、音楽の販売も行っている

こちらはTapnowマーケットの総合ランキング上位のアプリ一覧
こちらはTapnowマーケットの総合ランキング上位のアプリ一覧

Amazonアプリストア対応アプリケーションのダウンロードサイト
Amazonアプリストア対応アプリケーションのダウンロードサイト

Amazonアプリストアの画面
Amazonアプリストアの画面

プリインストールされている「ESファイルマネージャ」の画面
プリインストールされている「ESファイルマネージャ」の画面

・パフォーマンスにも不満はなく、コストパフォーマンスは高い

参考のために「Quadrant Standard Ver.2.1.1」を用いて、ベンチマークテストを行ってみた。結果は下の表と画面キャプチャに示したとおりで、エントリークラスのAndroidタブレットとしては優秀なスコアであり、実際の使用感も快適であった。

表1 Quadrant Standard Ver.2.1.1



Total 6669
CPU 23734
Memory 2852
I/O 4214
2D 300
3D 2243

 

Quadrant Standard Ver.2.1.1の結果。一番上がDG-Q78Nである
Quadrant Standard Ver.2.1.1の結果。一番上がDG-Q78Nである

価格はオープンプライスだが、2万円前後になると見られており、コストパフォーマンスは高い。バッテリ交換が可能なタブレットは非常に珍しく、一度導入したら、長期にわたって利用し続けるような業務用途には最適だ。Google Playストアには非対応だが、他のアプリケーションマーケットを利用すれば、必要なアプリケーションを探し出すことができるので、パーソナルユースでも活用できる。Androidタブレットが欲しいが、予算があまりないという人にもお勧めしたい。

・製品情報
デジノスタブレット「Diginnos Tablet DG-Q78N」

レビュー / コラム

ページトップへ