【特別寄稿】SandiskのSSD「Extreme PRO」の速度に驚き!

 
サンチュ先日登場したSandiskのSSDが人気です。

 
ジュリーこちらも気になったので、「Extreme PRO」を見てみました。

 
※情報サイト「ものテク」と相互に同じ記事を投稿する事になりました!過去記事の参照等はこちらからどうぞ!

※販売ページはこちら!(Extreme PROは現在品切れにて再入荷をお待ちください)
 
リンダ普通の2.5インチ・SATA3.0の製品よね?何で人気なの?

 
ジュリーフラッシュメモリで有名なSandisk製という事もありますが、高耐久でしかも10年保証つき、そして速いそうです。

サンチュ何だか良さそうですね。

 
ジュリーなお、コントローラーはMarvellで、ファームなどを独自カスタマイズしている模様。フラッシュは東芝工場製です。その他機能などのスペックはメーカーページをご覧ください。

※詳細スペックはこちら!
 
リンダMarvellでカスタマイズで東芝と聞くと、HG5QやHG6Qが思い浮かぶわよね。なので速度が期待できそうね。

※CFDのHG6Q記事はこちら!
 
パッケージ
 
ジュリーですの。ではチェックを開始しますか。まずはパッケージをご覧下され。

 
製品写真
 
サンチュ製品写真はこちらです。

 
スペーサー
 
リンダ製品の厚さは7mmなので、9.5mmにするスペーサーが付属しています。


サンチュでは速度チェックへと進みましょうか。使用PCとチェック内容は以下の通りです。


・使用PC

マザーボード :ASRock Z97 Extreme4
CPU:Core i7 4790
メモリ:PC3-12800 4GBx2
電源:be quiet! DARK POWER PRO10 750W(80PLUS GOLD)
OS:Windows 8.1 Pro 64bit

・CrystalDiskMark 3.0.3
・ATTO Benchmark v2.46
・同一ディスク内データコピー
※ファイル数2,399、容量10.6GB

ジュリー比較対象として、同じ様にMarvellのカスタマイズコントローラーを搭載している、HG6Qの結果を流用します。容量が違うので参考としてご覧ください。

・Extreme Pro 240GB
ExtremePRO_240GB_CDM

ExtremePRO_240GB_ATTO

・HG6Q 128GB
HG6Q_128GB_CDM

HG6Q_128GB_ATTO
 



データコピー時間
Extreme PRO 240GB 52秒85
HG6Q 128GB 55秒33



リンダベンチマークも読書き500MB/s以上、そしてコピー時間が50秒台前半。これってだいぶ速いんじゃないの?

ジュリーですの。通常のMarvellコントローラー製品は、容量が少ない製品だとシーケンシャルWriteが遅いんですが、本製品は240GBでも500MB/sオーバーしています。

サンチュカスタマイズが効いているという事ですか?


ジュリーでしょう。という訳で、結果は比較に出したHG6Qシリーズと互角以上。つまりSATA3.0接続の製品としては最速クラスと言えますわ。

サンチュ同容量帯の製品としては少し高価ですが、メーカー10年保証がついているのがポイントですね。

リンダだね~。速度も耐久性も保証も高いレベルで安定したSSDってところかな。


サンチュですね~。


ジュリー・・・高いレベルで安定><


リンダなに嘆いてるの? 良い事じゃない。


ジュリーそろそろ健康診断の時期ですよの。


サンチュそう言えばそうですね。


リンダでも、SSDと何の関係があるのやら。


ジュリー3月の出張時にそこそこ減ったんですが、その後の食生活でまた元通り、結局その後高いレベルで安定してるんですわ。なので高いレベルで安定という言葉は心にきますのう(遠い目)。

サンチュリンダ自業自得ではないかと。


■今回紹介した製品

Sandisk:Extreme PRO(Extreme PROは現在品切れにて再入荷をお待ちください)
一部店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら

スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読める
ドスパラアプリのダウンロードは こちらからどうぞ!
※Android・iPhone対応です。

レビュー / コラム

ページトップへ