【製品レビュー】PalitのGTX980 Super JetStreamを徹底検証

review_logo-1

製品写真

Palit GTX980 Super JetStream


販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

驚異的なワットパフォーマンスで人気のGTX980ですが、Palitからはオーバークロック(以下OC)版も登場しています。先日GTX970のOC版を紹介しましたので、今回はこのOC版GTX980をチェックします。

※情報サイト「ものテク」と相互に同じ記事を投稿する事になりました!過去記事の参照等はこちらからどうぞ!

●GPUとビデオメモリの両方をOC低温時にファンが停止する機能も搭載


このGeForce GTX 980 Super JetStream(NE5X980H14G2-2042J、以下SJS) は、GTX980のベースクロックを1127MHzから1203MHzに、そしてビデオメモリのクロックを7000MHz相当から7200MHz相当にOCした製品です。ここでは、このGTX980 SJSの性能と消費電力をチェックしていきます。

※GTX970/GTX980の基本スペックは速報レビューをご覧ください。

比較写真

形状チェックです。デザインは下のGTX970 JetStream(以下:JS)と同じですが、サイズが一回り大きくなり(カード長280mm)、カラーも異なります。

なお、本製品のクーラーは、GTX970 JSと同様に、GPU温度が60℃を超えるまでファンが回転しない「0-dB TECH」機能を搭載し、アイドル時や3D負荷がかからない作業時に動作音を抑える事ができます。

出力端子

出力コネクタは、DVI-I x1、MiniHDMI x1、そしてMiniDisplayPort x3です。DVI→D-Sub変換コネクタが付属します。

補助電源コネクタ

補助電源は8ピン + 6ピン、コネクタは上向きです。

なお、カードの厚さは2.5スロット占有となります。SLIにする場合、マザーボード側のPCI-E x16スロットの間隔にご注意を。また、3WAY用SLIブリッジは干渉するため、3WAYには非対応とお考えください。

それでは計測を開始しましょう。

使用PCとチェック内容は以下の通りです。

・使用PC
マザーボード:ASRock Z97 Extreme4
CPU:Core i7 4790
メモリ:PC3-12800 4GBx2
電源:be quiet! DARK POWER PRO10 750W(80PLUS GOLD)
OS:Windows 8.1 Pro 64bit

・3Dベンチマーク
3DMark無料版:Fire Strike
MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV):最高品質、1920x1080、フルスクリーン
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.00最高品質、1920x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時:OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
負荷時:全ベンチマーク中の最高値

比較対象は、速報レビューとGTX970 JSの記事よりGTX980定格・GTX970定格&JS・GTX780 Ti JS・GTX780 SJSの結果を流用します。なお、グラフは数値が大きいPSO2と大討伐を分けています。

※GTX970 JSの記事はこちら!

・3D性能




3DMark Fire Strike PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV DQX(カッコ内はVer1.10)
GTX980 SJS 11498 100656 30095 16910 14010
(19287)
GTX980定格 11041 98882 28244 16467 14547
GTX970 JS 9944 84702 25196 14797 14221
GTX970定格 9388 81813 23967 14461 14134
GTX780 Ti JS 10250 77390 28553 15892 13065
GTX780 SJS 9377 65910 24208 14841 14215

・消費電力

アイドル負荷
GTX980 SJS44W288W
GTX980定格44W280W
GTX970 JS42W270W
GTX970 定格48W260W
GTX780 Ti JS45W369W
GTX780 SJS43W322W

・3D性能グラフ(PSO2 v2、大討伐以外)

3D性能グラフ1

・PSO2 v2&大討伐グラフ

3D性能グラフ2

・消費電力グラフ

消費電力グラフ

●最強クラスの性能とワットパフォーマンスを発揮

結果はご覧のとおり、当然ですがGTX980の定格を超えました。特にPSO2 v2が10万、大討伐が3万オーバーというのは、1枚の基板に2つのGPUコアを搭載するデュアル製品を除き、他にはないスコアとなっています。DQXのスコアが少し低めでしたが、このベンチマークをGTX900シリーズで見るとほぼ上限ですので、誤差の範囲で低かったのではと思います。後でもう一度見たら14372でした。そして、消費電力の上昇も意外と少なく、ワットパフォーマンスの高さは言うまでもありません。

感想として、このGTX980 SJSは、さすがにGTX970 JSよりサイズが大きく価格も上となりますが、ビデオカード1枚で最高の性能、そしてマルチディスプレイや4K環境も視野に入れている人にとって第一の選択肢となりうる製品ではないでしょうか。

ただし、GTX970 JS同様に、カード厚の都合でSLIができないマザーボードがありますので、その点ご注意ください。

■今回紹介した製品

Palit GeForce GTX980 Super JetStream

販売ページはこちら!
各店舗でも販売中!

その他記事一覧は こちら

レビュー / コラム

ページトップへ