Samsung SSD 「850 PRO」ベンチマークテストレビュー

2014年9月12日に発売されたSamsung製のハイエンドSSD「850 PRO」について、ベンチマークテスト結果を紹介する。

まずは製品スペックだが、読み込み速度は550MB/sec、書き込み速度は128GBモデルが470MB/sec、128GBモデル以外が520M/sec、インターフェイスはSATA 6Gbps。
「840 PRO」の後継モデルとなる製品で、コンシューマ向けとしては初めて「3D V-NAND」という独自技術を採用し大容量化、高速化、耐久性向上、電力効率向上を実現しているという。また、10年間の保証期間を有している。

DSC_0018

DSC_0022

DSC_0020

 

さて、ベンチマークテストの測定環境については以下の通り。
なお、今回は128GBモデルについてテストを行っている。



CPU Intel Core i-74790
マザーボード ASUS H97-PLUS
メモリ DDR3-1600 4GB×2
SSD Samsung 850 PRO 128GB
OS Windows 8.1 Pro 64bit

 

まずCrystalDiskMarkのベンチマークテスト結果

1000MBの結果
0fill_1000

4000MBの結果
0fill_4000

続いてATTO Disk Benchmarkのベンチマークテスト結果

ATTOdiskbench

CrystalDiskMark、ATTO Disk Benchmarkともに、結果としてSATA接続の限界値に近い非常に高速な結果が出ており、パフォーマンスとしては十分である。保証も10年間と充実しており信頼性も高いことから、現行のSSDにおいて、性能と品質どちらも追及する方にとっては有力な選択肢の一つとなるだろう。

 

・製品情報
Samsung 850 PRO

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売予定価格
14,800円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
Samsung 850 PRO

レビュー / コラム

ページトップへ