【製品レビュー】GeForce GTX980Ti速報レビュー!

パッケージ
GeForce GTX980Ti

Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館でも発売予定!

本日6/1(日付け修正しました)の7:00に、NVIDIAの最新ビデオカード「GeForce GTX980Ti(以下GTX980Ti)」が登場しました。早速ですが速報レビューを行います。

●GTX TITAN Xに近いスペックを持つGTX900シリーズのハイエンドVGA


このGTX980Tiは、製品名こそGTX980シリーズですが、スペックは先日登場したGTX TITAN Xの流れを組む製品です。GTX900シリーズの弱みと言えるメモリバス幅を向上させ、高負荷時にも高い性能を発揮する製品となっています。

なお、詳細スペックは下の表を、その他製品の概要や特徴はメーカーページをご覧ください。
※NVIDIAの製品ページはこちら!


VGA名
GPUコア名
シェーダ数 TMU・ROP数 搭載メモリ
メモリバス
GPUクロック メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GTX TITAN X
GM200
3072 192・96 GDDR5 12GB
384bit
1000MHz 7010MHz相当
336.5GB/s
250W
GTX980Ti
GM200
2816 172・96 GDDR5 6GB
384bit
1000MHz 7000MHz相当
336GB/s
250W
GTX980
GM204
2048 128・64 GDDR5 4GB
256bit
1126MHz 7000MHz相当
224GB/s
165W

製品写真

出力コネクタ

補助電源

では早速チェックを行います。Palitのリファレンスデザイン製品を用意しました。出力コネクタはDVI-Ix1、HDMI2.0x1、DisplayPort1.2x3です。補助電源は6ピンx1、8ピンx1です。

使用PCとチェック内容は以下の通りです。今回より新生FFXIVベンチマークに蒼天のイシュガルドを追加しました。緊急チェックのため、今回の比較対象はPalit GTX980 Super JetStream(SJS)のみとなります。
※GTX980 SJSの記事はこちら!

・使用PC
マザーボード : ASRock Z97 Extreme4
CPU : Core i7 4790K
メモリ : PC3-17000 4GBx2
電源 : XFX XTR P1-650B-BEFX(80PLUS GOLD)
OS : Windows 8.1 64bit
ドライバ : 352.91

・3Dベンチマーク
3DMark無料版 : Fire Strike
MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐):1920x1080、フルスクリーン
PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2):簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV) : 最高品質、1920x1080、フルスクリーン
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク 蒼天のイシュガルド(以下新生FFXIV蒼天) : DirectX 11、最高品質、1920x1080、フルスクリーン
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.10 : 最高品質、1920x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時 : OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
FF負荷時 : 新生FFXIV中の最高値

・3D性能


  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV 新生FFXIV蒼天 DQX
GTX980Ti 13939 124094 35613 19613 16030 20549
GTX980 SJS 12094 115412 30481 17450 13817 20429


・消費電力


  アイドル FF負荷
GTX980Ti 46W 348W
GTX980 SJS 46W 293W

●大幅OCのGTX980を凌駕 文句なしに高性能


結果はご覧の通りです。GTX980 SJSと比べ、スコアが頭打ちのDQXは少差ですが、その他はほぼ10%以上勝っています。GTX980 SJSが定格製品よりスコアが数%高かったことを考えると、定格同士ならGTX980Tiが15%程度勝ると考えて良いでしょう。

TDPが上がっているため実際の消費電力も増加していますが、この性能に魅力を感じる方は多いと思います。メモリバスと帯域が広く、高解像度でも性能が下がりにくいので、マルチディスプレイや4K環境でのゲームプレイを考えている方は、このGTX980Tiにご注目下さい。

なお、Palit製品に限らず、初回版の製品に付属しているドライバディスクはドライバがインストールできません。NVIDIAのページより対象ドライバをダウンロードしてお使いください。

■今回紹介した製品
GeForce GTX980Ti
Palit製品の販売ページはこちら!
パーツ館でも発売予定!

その他記事一覧はこちら

レビュー / コラム

ページトップへ