【レビュー】AndroidスマホをPCから遠隔操作するUSBアダプタ

今週、イオシスアキバ路地裏店で販売が開始されたAndroidベースのスマホやタブレットをPCから有線で操作できるというAndroid接続アダプタ。お値段は2,980円と手頃で、個人的にどんなものかもちょっと気になったので試しに購入してみました。購入時に「相性がかなりあるので……」と念入りに確認されたのがいささか不安でしたが、さっそく使ってみたので簡単にレポートします。

パッケージは一般的なブリスターパック。パッケージの説明によるとWindwos側の対応OSはWindows 7/8/8.1などとあります。Androidは4.1以降に対応するとのことですがインテルチップの端末では動作しないようです。「USBデバッグを有効にできること」という項目もあります。USBデバッグモードはPCからAndroid端末を操作するようにできるモードですが、実際に使うにはドライバなどを別途用意したりといろいろと面倒です。今回のアダプタはこのあたりの面倒を半自動でやってくれるというところがポイントになります。残念ながら全自動とはいきません……。

パッケージ。ケーブルなどは付属しません
パッケージ。ケーブルなどは付属しません

対応環境など
対応環境など

Android接続アダプタ。有線でAndroid端末をPCから操作できます
Android接続アダプタ。有線でAndroid端末をPCから操作できます

a-3021

a-3024

接続イメージ。今回はWindwos 7で試用しました
接続イメージ。今回はWindwos 7で試用しました

使い方はまずケーブルを接続する前にAndroid端末側の「USBデバッグ」モードをオンにします。これは「Playストア」から「USB Debugging Helper」をダウンロードして設定すると楽です。「USB Debugging Helper」はアプリケーションというより、「USBデバッグモードを設定するためのリンクを表示してくれる」というものです。

次にPCのUSBポートに本アダプタを接続し、そこに普段Androidの充電で使っているmicro USB端子を接続すれば準備はOK。あとはPC側のアプリである「AndroidShadow」のセットアップが始まるので指示に従ってインストールします。

Android端末側で「USB Debugging Helper」をダウンロードします
Android端末側で「USB Debugging Helper」をダウンロードします

USB Debugging Helperを起動しました。一番下の「リンク」をタップすると「USBデバッグ」の設定にとびます
USB Debugging Helperを起動しました。一番下の「リンク」をタップすると「USBデバッグ」の設定にとびます

ここで「USBデバッグ」のチェックボックスをオンにします
ここで「USBデバッグ」のチェックボックスをオンにします

PC側の設定はシンプルで、アダプタを接続した時に自動起動するAndroidShadowのアプリケーションをインストールするだけです
PC側の設定はシンプルで、アダプタを接続した時に自動起動する「AndroidShadow」のアプリケーションをインストールするだけです。ちなみに日本語は全体的にあやしいです

PCとの接続が完了すると、正常に設定が済んでいればAndroid端末の画面がWindowsのウィンドウの一つとして表示され、ウィンドウの上部には操作補助用のアイコンがいくつか表示されます。あとはすべてPCのマウスなどから操作するだけです。フリック操作はマウスのドラッグで行う感じで、ホイールによるスクロールも可能です。またスリープモードにしてもウィンドウ上の電源ボタンを押せば復帰してくれます。

操作のレスポンスは若干の遅延はあるものの、悪くはありません。また、ウィンドウはタブレットを縦に使っているときは縦で、横に使っているときは横向きに自動で切り替わります。このあたりの反応も良好です。

PCとの接続が正常に完了するとこんな感じでAndroid端末の画面が出てきます。上の方にある青色のアイコンで基本的な操作などもできます
PCとの接続が正常に完了するとこんな感じでAndroid端末の画面が出てきます。上の方にある青色のアイコンで基本的な操作などもできます

Android端末が縦の場合はPC内でも縦で表示されます
Android端末が縦の場合はPC内でも縦で表示されます

Android端末を横にすると追随してPC内でも横になります
Android端末を横にすると追随してPC内でも横になります

ただ、気になる点がないわけではありません。まず、表示されるAndroid端末の画面は実際の端末の画面よりも解像度が低く、細かい文字などは見づらいです。このためPC側でスクリーンショットを撮るような場合でも解像度は低くなってしまうので注意が必要です。

購入時に念入りに確認されたとおり、やはり相性問題もあるようで、手元にあるSHIELD TABLETではほぼ問題なく動作しましたが、Xperia Z2ではPC上で画面は表示されるものの、マウスの操作を全く受け付けませんでした。また、SHIELD TABLETでは一旦PC上からスリープに入ってPCから解除するとマウス操作を受け付けなくなり、SHIELD TABLET上で直接なにか操作をしてからでないとマウス操作が再開しないなどの挙動も確認できました。

このように手放しでお勧めできる製品ではありませんが、上記の不具合も他の製品ではまったく起こらない可能性もあります。もちろんより悪化する可能性もありますが……。ちなみにイオシスアキバ路地裏店では店頭で製品の動作チェックもできるので、動かしたいタブレットを持ち込んで事前にチェックもできます。価格もお手頃なので手軽にAndroidのリモート操作を試してみたいという人は試してみると良いかもしれません。

レビュー / コラム

ページトップへ