【特別寄稿】Broadwell版NUC「NUC5i3RYH・NUC5i5RYH」徹底レビュー!

ジュリー新NUCが登場しました。いわゆる「Broadwell」と呼ばれる新世代CPUを搭載したモデルです。
 
リンダHaswellのシュリンク版かな?
 
 
※Intel NUCの販売ページはこちら!
 
サンチュですね。製造プロセスが14nm(Haswellは22nm)になり、さらに命令が追加されています。
 
ジュリー主にグラフィック性能と省電力性が向上してますの。
 
 
リンダなるほど。
 
 
ジュリーという訳で、その新NUCを入手したので早速チェックしましょう。
 
 
リンダ早速といっても発売からもう1週間たつのよね?
 
 
ジュリー速報できなかったのは面目ないです。名誉挽回という訳じゃないですが、発売中のi3搭載モデルに加え、近日登場予定のi5搭載モデルも先行レビューしますぞ。
 
リンダなんと。
 
 
サンチュでは早速参りましょうか。i3・i5モデルそれぞれのスペックはこちらをご覧ください。
 
※IntelのNUC5i3RYHスペックページはこちら!
※NUC5i5RYHスペックページはこちら!

 
製品写真
ジュリー製品写真はこちらです。この5i3RYHは2.5インチドライブも搭載可能なモデルです。なお、i5搭載モデルも同じ形状ですわ。
 
前面
サンチュ黄色いUSBは充電対応です。
 
 
形状比較
リンダ2.5インチドライブ非対応のNUC5i3RYK(右)と比較するとご覧の通りね。高さはRYHが48.7mm、RYKが32.7mmです。
 
背面
サンチュ背面はこちらです。画面出力はMiniHDMI・MiniDisplayPortの2つです。各種コネクタ数は薄いRYKも同じです。
 
内部
リンダRYHの内部はこちらね(この写真はi5モデル)。
 
 
付属品
ジュリーそして紙媒体以外の付属品はこちら。ACアダプタのコンセント部分は着脱式で、海外用のコネクタも同梱されています。
 
リンダやはり今回もドライバディスクは無いのね?
 
 
ドライバ01
 
ドライバ02
 
サンチュそうですね。子犬モデルの時と同じく、ドライバはIntelからダウンロードしてください。インストール方法などは子犬記事をどうぞ。
 
ジュリー今回の注意点ですが、本製品の搭載LANチップはIntel製のため、子犬と異なりOS標準ドライバではLANが使えません。(子犬のLANはRealTek製)
 
リンダという事は、ドライバは他のPCからダウンロードして、USBメモリとかに入れておく必要があるかな?
 
サンチュですね。
 
 
ジュリー本製品をサブPCとして購入する場合は問題ないですが、1台目のPCとしたい場合はご注意くださいませ。
 
リンダ了解~~。
 
 
サンチュでは性能測定を開始しましょう。チェック内容はこちらです。比較対象はIvy-Bridge時代の「DC3217IYE」の記事から流用します。
 
・ベンチマーク
CINEBENCH R11.5 : CPU測定
Hyperパイ : 1M桁(1コア測定)
MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐) : 1280x720・ウインドウ
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) Ver1.10 : 標準品質・1280x720・ウインドウ

 
・消費電力(ワットチェッカーで計測)
イドル時 : OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
最大負荷時 : CPU負荷ツール「Prime95」と大討伐を同時に実行し、1周終わるまでの最高値


ジュリーなお、内蔵SATAとM.2の速度も見てみました。本製品のM.2は、仕様に「M.2 slot with PCIe X4 lanes」と書いてあったので、いわゆる9シリーズマザーボードに搭載されている通常のM.2(x2)より速くなるはずです。
 
XP941
サンチュという訳で、ウルトラM.2チェック時に使用した超高速SSD「SAMSUNG XP941 128GB」を用意しました。
※ウルトラM.2スロットの記事はこちら!

・CPU性能


CINEBENCH Hyperパイ(少ない方が高速) 大討伐 DQX Ver1.10
NUC5i3RYH 2.41 18.237秒 2822 5679
NUC5i5RYH 2.84 14.844秒 3177 5697
参考:DC3217IYE 1.79 21.439秒 2397


 
・消費電力

アイドル 最大負荷
NUC5i3RYH 7W 33W
NUC5i5RYH 7W 42W
参考:DC3217IYE 9W 39W


 
・SSD速度

SATA_SSD_128GB

XP941_128GB

リンダどれどれ、さすが新製品だけあって同じi3でもIvy-Bridge時代より性能が2~3割ほどアップ、しかも消費電力は減ってるわね。
 
サンチュi5モデルは消費電力が少し増えますが、性能がさらにアップとなりました.
 
 
リンダHaswell搭載モデルだと、Ivy-BridgeとBroadwellの中間くらいになるのかな?
 
 
ジュリーおそらくそうかと。
 
 
リンダあと、SSDも順調ね。
 
 
ジュリーSATA3.0は普通に約500MB/s出ているので問題なし。そしてM.2は9シリーズのM.2より速く、シーケンシャルはウルトラM.2に迫ってますわ。
 
リンダ4K部分は少し遅いけど、これなら十分かな。
 
 
サンチュあと、マザーボードによってはXP941を起動ドライブとして使用できないのですが、この新NUCは大丈夫でした。
 
※起動できない場合は、UEFI内の「BOOT」で設定可能です。
 
ジュリー現在入手できる最速SSDでちゃんと起動用にできるのは大きいですわ。
 
 
サンチュという事でチェック終了です。以前よりワットパフォーマンスが大幅アップしたと言えそうです。
 
リンダM.2も速いのがポイントね。
 
 
ジュリーただし、先述の様にドライバインストールはひと手間かかりますのでご注意あれ。
 
 
サンチュ了解です。
 
 
リンダしかし元から省電力のNUCだけど、シュリンクでコアが小さくなると、性能アップだけじゃなくさらにエコになるものなのね。
 

ジュリー小2こ犬になったおかげで動きもシャープになった気がする、という例もありますしの。
※こ犬になった理由は子犬モデルの記事で!
 
サンチュアイコンは小さくなってますが、動きは気がするだけなんですね。
 
 
ジュリー小2・・・食事量(消費電力)が減ったのは事実なので、まさに犬も人もPCも一緒という事です。という訳でダイエットに成功した新NUCにご注目下され。
 
リンダなんか強引だけど言ってる事は正しいのが悔しい・・・。

 
 
■今回紹介した製品
Intel:NUC5i3RYH・NUC5i5RYH

Intel NUCの販売ページはこちら!
 
その他記事一覧はこちら
 
スマートフォンでも通販サイトでの買い物が手軽に&パーツの犬もすぐ読めるドスパラアプリのダウンロードはこちらからどうぞ!
※Android・iPhone対応です。

レビュー / コラム

ページトップへ