【製品レビュー】GeForce GTX960速報レビュー!

パッケージ

GeForce GTX960

販売ページはこちら!
各店舗でも販売開始!

※情報サイト「ものテク」と相互に同じ記事を投稿する事になりました!過去記事の参照等はこちらからどうぞ!

昨日1/22の23:00に、NVIDIAの最新ビデオカード「GeForce GTX960(以下GTX960)」が登場しました。早速ですが速報レビューと参りましょう。

※2/4:GTX560 Ti・GTX660 OCの結果を追加しました。

●Maxwellコアを搭載したGTX760の後継ビデオカード


このGTX960は、GTX760の後継となるVGAで、GPUコアに最新のMaxwellコア「GM206」を搭載しています。Maxwellコアと言えば、補助電源不要の「GTX750/GTX750 Ti」、そしてハイエンドである「GTX970/GTX980」が販売中ですが、いずれも高いワットパフォーマンスを発揮しており、それだけに、このGTX960にも期待がかかります。今回は、PalitのOC製品2種類を入手しましたので、早速チェックしていきましょう。
※GTX750/GTX750Ti速報レビューはこちら!
※GTX970/GTX980速報レビューはこちら!

GTX960の基本スペックは以下の通りです。その他製品の概要や特徴はメーカーページをご覧ください。
※NVIDIAの製品ページはこちら!


VGA名
GPUコア名
シェーダ数 TMU・ROP数 搭載メモリ
メモリバス
GPUクロック メモリクロック
メモリ帯域
TDP
GTX970
GM204
1664 104・56 GDDR5 4GB
256bit
1051MHz 7000MHz相当
224GB/s
145W
GTX960
GM206
1024 64・32 GDDR5 2GB
128bit
1127MHz 7012MHz相当
112.19GB/s
120W
GTX760
GK104
1152 96・32 GDDR5 2GB
256bit
980MHz 6008MHz相当
192.26GB/s
170W

※NVIDIAよりGTX970のスペックに下方修正がありましたため修正いたしました。

スペックを見ると、コア数やTMU、そしてメモリ帯域がGTX760より少ないため、性能低下を心配する方もいると思いますが、GTX980/GTX970同様にGPUコアが根本的に変わっていますので、数値の様に低下することはないでしょう。ただしメモリバスの減少率が大きく、新コアがどこまでカバーできるのかが気になります。なお、TDPに関してはさすがMaxwellコアというところでしょうか。

製品写真

Palitの2製品を用意しました。上がリファレンス風デザインの製品、下がSuper JetStream(以下SJS)です。両製品共にオーバークロック(以下OC)ですが、SJSがより高クロックで、メモリもOCされています。なお、SJSのクーラーは厚さ2.5スロットとなります。
リファレンス風 : GPU 1165MHz
SJS : GPU 1279MHz、メモリ7200MH相当

SJSファン

SJSはGTX970 JSと同じクーラーですが、カラーリングはGTX980と同じです。GPU温度が60℃を超えるまでファンが回転しない「0-dB TECH」機能を搭載し、アイドルや3D負荷がかからない作業時に動作音を抑える事ができます。

出力コネクタ

2製品の出力コネクタです。どちらもDVI-D・DVI-I・HDMI・DisplayPortとなります。

補助電源

補助電源コネクタは、両製品共に6ピンx1です。

それでは計測を開始しましょう。使用PCとチェック内容は以下の通りです。比較対象はGTX760 JS、GTX680、GTX580を以前の測定結果から流用します。また、GTX560 Ti(定格製品)、GTX660 OC(GPU:1006MHz、Memory:6108MHz相当)も用意しました。

・使用PC
マザーボード : ASRock Z97 Extreme4
CPU : Core i7 4790
メモリ : PC3-12800 4GBx2
電源 : XFX TS P1-550G-TS3X(80PLUS GOLD)
OS : Windows 8.1 Pro 64bit
ドライバ : 347.25(GTX960、GTX560Ti・GTX660 OC)、344.09(GTX970)、340.52(その他)

・3Dベンチマーク
3DMark無料版 : Fire Strike
MHFベンチマーク「大討伐」(以下大討伐) : 1920x1080、フルスクリーン
PSO2体験版Ver2(以下PSO2 v2) : 簡易設定5、1920x1080、フルスクリーン
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編(以下新生FFXIV) : 最高品質、1920x1080、フルスクリーン
ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン ベンチマーク(以下DQX) : 最高品質、1980x1080、フルスクリーン

・消費電力(ワットチェッカーで計測)
アイドル時 : OS起動後、5分ほど放置した状態の数値
負荷時 : 全ベンチマーク中の最高値

・3D性能


  3DMark
Fire Strike
PSO2 v2 大討伐 新生FFXIV DQX Ver1.00
(カッコ内はVer1.10)
GTX960 OC 6616 43424 15670 9847 11251
(18491)
GTX960 SJS 6992 48289 16683 10376 11393
(18579)
参考:GTX760 JS 6055 32289 15813 10448 11989
参考:GTX680 6534 38906 17407 11106 12481
GTX660 OC 4543 20435 11755 7884 10518
参考:GTX580 4457 32329 13546 9483 10896
GTX560 Ti 3190 16235 9647 6585 9135

・消費電力


  アイドル 負荷
GTX960 OC 42W 196W
GTX960 SJS 43W 212W
参考:GTX760 JS 46W 241W
参考:GTX680 48W 255W
GTX660 OC 43W 200W
参考:GTX580 65W 329W
GTX560 Ti 56W 255W

・3D性能グラフ

3D性能グラフ

・消費電力グラフ

消費電力グラフ

●ワットパフォーマンスが非常に優秀。Felmi世代からの買い替えに最適


結果はご覧の通りです。GTX960 SJSとGTX760 JSと比べると、新生FFXIVやDQXは誤差の範囲で少し劣っていますがほぼ同等、それ以外はアップとなりました。そして消費電力は約30W減っており、Maxwellの特徴であるワットパフォーマンスの高さは健在です。そしてGTX960 SJSと、GTX680・GTX580と比較した場合、GTX680と近い性能で消費電力40Wダウン、GTX580には完全勝利で消費電力110W以上ダウン、となります。追加計測したGTX660やGTX560 Tiとの比較ですが、性能差は明確です。こう見ると、GTX960 OCは消費電力がGTX660 OCより少し低く、3D性能はGTX760 JSとソフトにより差があるものの互角というところでしょうか。

感想として、このGTX960はGTX760から急いで買い換えるほどではありません。ですが、GTX660以前の製品からは性能が大幅アップしていますので、アップグレードに最適な製品と言えるでしょう。特にGTX580やGTX560 Tiの結果を見てのとおり、Felmi世代の製品を使っている場合は、ワットパフォーマンスが劇的に改善しますので、ぜひこの機会に買い替えをを検討してはいかがでしょうか。

なお、メモリバスの影響か、フルHDを超える高解像度高負荷になるとGTX760に逆転されるケースも増えてきますので、マルチディスプレイや4K環境で3Dゲームをしたいという人には、上位製品のGTX970/GTX980をお勧めします。

また、Palit製品に限らず、初回入荷版の製品に付属しているドライバディスク(付属していないメーカーもあります)は、ドライバがインストールできない場合があります。NVIDIAのページより対応ドライバをダウンロードしてお使いください。
※NVIDIAのドライバページはこちら!

■今回紹介した製品
GeForce GTX960

販売ページはこちら!
各店舗(リファレンス風は通販とパーツ館のみ)でも販売中!

その他記事一覧はこちら

レビュー / コラム

ページトップへ