【12月20日発売】MSI、有線LANと無線LANを同時使用可能なゲーミングマザーボード「Z97 GAMING 9 ACK」

MSIは、Intel Z97チップセット搭載のゲーミングマザーボード「Z97 GAMING 9 ACK」を12月20日より発売した。CPUソケットはLGA 1150に対応するATX規格のマザーボードで、ゲーミング用途に最適な様々な機能を備えた、ハイエンドに位置付けられる製品だ。

有線Killer LANと、802.11 ac対応のKiller Wi-Fiを搭載し、有線LANと無線LANの同時使用が可能な「Smart Teaming」機能もサポートすることで、ゲームには有線LAN、動画配信には無線LANなど、アプリケーション毎に使用するネットワークを選択することが出来る。また、S/N比120dB、192kHz/32bit対応のサウンドカード「Xtreme Audio DAC」をオンボード搭載し、オーディオ回線も独立させることで、高品質な音声出力を可能にしているという。6ヶ月のライセンスが付いた、録画配信ソフト「XSplit Gamecaster」が添付され、ゲームプレイの動画配信も楽しむことが出来る。

MSIが「ミリタリークラス4」と呼ぶ高品質なコンポーネント群を採用することで、過酷な使用条件下でも、安定した動作を可能にしているという。また、PS/2およびUSB 2.0ポートは「ゲーミングデバイスポート」として、同社比で3倍の厚さの金メッキを施すことで、プラグの抜き差し耐久性を高め、高ポーリングレートのゲーミングキーボードとマウスのために最適化されているという。

その他、主なスペックは下記の通り。



対応CPU Intel LGA1150
チップセット Intel Z97
メモリスロット 4(DDR3 DIMM、DDR3-3300(OC)まで対応)
拡張スロット PCI Express x16:3スロット
PCI Express x1:3スロット
ストレージ SATA 6Gbps×8
M.2×1
グラフィック出力 HDMI×1
DisplayPort×1
インターフェイス USB 3.0x12(内部4)
USB 2.0x6(内部4)
PS/2×1
8ch HD Audio
S/PDIF×1
Gigabit Ethrenetx1
Wi-Fiアンテナ用ポート(Killer Wireless 1525付属:
802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi、Bluetooth 4.1対応)
本体サイズ(幅×奥行き) 305×244mm(当編集部実測)

・製品情報
Z97 GAMING 9 ACK

・販売開始日
2014年12月20日(土)販売開始

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売価格
40,824円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
Z97 GAMING 9 ACK

P1120405
ボード全体の姿

P1120381b
付属する「Killer Wireless 1525」ユニット

P1120392
画像左端、赤いPS/2ポートのすぐ隣にWi-Fiユニットを装着する

P1120444
装着後のI/Oポート部。画像一番左側の、赤いPS/2端子とUSB 2.0端子×2は、MSIでは「ゲーミングデバイスポート」として特別な対策を施しているという。HDMI端子、DisplayPort端子にはカバーが付属する

P1120417
LGA 1150ソケットの隣に4基のDIMMスロットが確認できる

P1120423
画像右が、押すだけでオーバークロック状態になる「OCジニー4」ボタン

P1120456
ストレージ端子群

P1120426
中央部に、拡張スロット群が確認できる。画像下のカバー内に、192kHz/32bitをサポートする「Xtreme Audio DAC」を搭載

P1120474
M.2スロット部分

P1120375
付属品一式

P1120357
外装箱

ニュース

ページトップへ