【12月17日発売】Thermalright、冷却性能が向上したサイドフローCPUクーラー「Macho Rev.B」

ディラックは、Thermalright製サイドフローCPUクーラー「Macho Rev.B」を12月17日より発売した。店頭想定価格は7,560円(税込)前後。

Macho Rev.Bは、「Macho」シリーズの新モデルで「Macho Rev.A」の後継となるモデル。CPUベースサイズが40×53mmへ大型化し、ヒートパイプへ熱をより多く伝えることができるようになり冷却性能が向上しているという。またヒートパイプにニッケルメッキ処理を施したことにより経年劣化を防ぐという。

採用されている冷却ファンは「TY147A」で、Macho Rev.Aに採用されているファンと比較し回転数の幅が広くなり、より静音での運用も可能になった。

その他の主なスペックは下記の通り。



対応CPU Intel:LGA 2011(-3)/1366/1156/1155/1150/775
AMD:FM3(+)/FM2(+)/AM3(+)/AM2(+)
ヒートパイプ仕様 銅製、6mm径×6本、ニッケルコーティング
ヒートシンク部サイズ 102×140x162mm(幅×奥行き×高さ)
ファン(TY-147A)サイズ 140×26.5x152mm(幅×奥行き×高さ)
ファン(TY-147A)回転数 300~1300rpm ±10%(PWM)
ファン(TY-147A)ノイズレベル 15~21db(A)
ファン(TY-147A)風量 16.9~73.6CFM
重量 ヒートシンク720g、ファン160g

・製品情報
Macho Rev.B

・販売開始日
2014年12月17日(水)販売開始

・記事掲載時点でのドスパラ販売価格
7,560円(税込)

20141218-DSC_0068

冷却ファンはTY147Aを採用
冷却ファンはTY147Aを採用

ヒートシンク部
ヒートシンク部

ヒートパイプはニッケルメッキ処理が施されている
ヒートパイプはニッケルメッキ処理が施されている


CPUベースサイズが以前のモデルと比較して大きくなっている
CPUベースサイズが以前のモデルと比較して大きくなっている


ヒートシンクにはドライバーを通す穴が備えられている
ヒートシンクにはドライバーを通す穴が備えられている


付属品 マウントプレートやファンクリップなど
付属品
マウントプレートやファンクリップなど


付属品 防振パッドやグリス、ネジなど
付属品
防振パッドやグリス、ネジなど


付属品 マニュアル、ドライバー、ステッカー
付属品
マニュアル、ドライバー、ステッカー


パッケージ
パッケージ


ニュース

ページトップへ