部屋のなかに手軽にプライベート空間をつくる「ぼっちてんと BT1-11」ミニレビュー

ビーズ株式会社より発売されている「ぼっちてんと BT1-11」は、室内に設営するための1人用簡易テント。メーカー希望小売価格は、8,000円(税別)。

「ぼっちてんと BT1-11」は、サイズが約130×130×160cm(幅×奥行き×高さ)の1人用テントで、収納バッグから出すだけで、手軽に設置できることが特徴だ。軽量で柔軟性があり、テントを広げたあとは、帽子のようにデスクにかぶせるだけでプライベート空間が出来上がる。パソコンなどをテント内で使用できるように、電源コードなどの配線について配慮がなされており、プライバシーを確保するための専用ロックも付属する。黒色ポリエステル素材が程よく光を遮断し、PC利用に集中できる空間をつくることができるという。

その他、主な仕様は下記の通り。



素材 ポリエステル、スチール
推奨デスク幅 120cmまで
本体サイズ(幅×奥行き×高さ) 130×130×160cm
折りたたみサイズ 直径約63×厚み5cmの円形
重量 2.2kg
付属品 ダイヤルロック

・製品情報
ぼっちてんと BT1-11

P1100879
直径約63cmの収納袋に収まる。肩掛け可能とのこと

P1100893
取り出すとフレームが円形になって収納されている

P1100897
力を加えるとすぐに平面に開き、これがテントの一辺となる

P1100900
二つ折り状になっているものを徐々に開いていく

P1100902
一定以上に開いたところで、文字通り「ぽんっ」と一人用テントの形に開く

P1100911
正面より。D字型の大きな開口部が確認できる。開口部の幅は最大約100cm

P1100924
背面は特に何も無い

P1100920
入口向かって右側面。換気用の窓が開いている

P1100930
入口向かって左側面。右側と同サイズの換気用の窓が開いている

P1100908
天井も開閉可能。画像は閉じている様子

P1100989b
今回はこのスペースを「ぼっちテント」化してみた。机の大きさは、100×70×70cm(幅×奥行き×高さ)

P1100995b
先ほどの要領でたてたテントをかぶせるだけで、個人用スペースの出来上がり。ちなみに、開放部が多くなるほど、テントのかたちは若干崩れてくる

P1100998b
入口を閉めると、プライベート感もさらに高まる

P1100945
専用ロックで密室化できる。テント内外両方から施錠可能

P1110008
四隅に電源ケーブル等を通すスペースが設けられている

P1110011
換気用の窓を開けてみたところ

P1110036
天井を開放してみたところ

P1110041b
付属品一式

ニュース

ページトップへ