【11月29日発売】GIGABYTE、X99チップセット搭載のMicro ATXマザーボード「GA-X99M-Gaming 5」

GIGABYTEは、Intel X99 Expressチップセット搭載のMicro ATXマザーボード「GA-X99M-Gaming 5」を11月29日(土)より発売した。Micro ATX規格の製品ではあるが、ハイエンドチップを搭載し、多彩な機能をコンパクトにまとめた製品だ。

Socket LGA2011-v3に対応する、Intel X99 Expressチップセットを搭載したMicro ATXマザーボードで、ゲーミング向けのハイエンドマザーボードとして位置付けられている。「Gaming 5」はATX版が先行して発売されているが、主な違いはメモリースロット数が4基(ATX版は8基)、拡張スロットでPCI-Express ×16を3基(ATX版は4基)、PCI-Express ×1を1基(ATX版は3基)に省略されている部分だ。Dual M.2スロットを備えるほか、LANコントローラにKiller E2200を搭載するなど、ゲーミング用ハイエンドマザーボードとしての多彩な機能は引き継がれている。

その他の主なスペックは下記の通り。



対応CPU Intel LGA2011-v3
チップセット Intel X99 Express
メモリスロット 4(DDR4 DIMM、Quadチャネル対応)
拡張スロット PCI-Express X16:3スロット
PCI-Express X1:1スロット
無線通信モジュール用M.2ソケット×1
ストレージ SATA 6Gbps×6(SATA3 0~5)
SATA 6Gbps×4(sSATA3 0~3)
SATA Express×1
M.2ソケット×1
インターフェイス USB 3.0x8(内部4)
USB 2.0x10(内部4)
GigabitEthrenetx1
7.1ch HD Audio
本体サイズ(幅×奥行き) 244×244mm

・製品情報
GA-X99M-Gaming 5

・ドスパラでの販売開始日
2014年11月29日(土)販売開始

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売予定価格
35,618円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
GA-X99M-Gaming 5

P1090528
マザーボード全景

P1090519b
I/Oポート部。画像左の黄色USB端子は「Quad DAC-UP USB」と呼ばれるUSB DAC用ポート。波形変動の少ない隔離された電源から安定した低ノイズ電源を供給することでUSB DACの使用に最適化しているという。一番右側はWi-Fi用ブランケットだ

P1090531
LGA2011-v3 CPUソケットの両脇に合計4本のメモリスロットが確認できる。メモリ搭載量の上限は32GBだ

P1090561
漆黒色にカスタマイズされた日本ケミコンの個体電解コンデンサを搭載、動作保障1万時間の最高品質のものを採用しているという

P1090534
OC時の細かな調整用に、マザーボード上に電源スイッチを備えている

P1090543
SATA6ポート群

P1090557
画像手前側が無線通信モジュール用のM.2ソケット、後ろ側がストレージデバイス用のM.2ソケットだ

P1090536
PCI Express x16拡張スロットは合計3本

P1090538
画像右下にオーディオチップが確認できる。再生時のSN比115dB、録音時のSN比104dBを実現する高品質なオーディオ機能を搭載するという

P1090522
付属品一式

P1090515
外装箱

ニュース

ページトップへ