サイバーダイン、作業・介護支援用装着型ロボットとして初の国際安全規格「ISO 13482」認証を取得

サイバーダイン株式会社と独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、11月12日に共同記者会見を行い、NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果をもとにサイバーダインが「HAL作業支援用(腰タイプ)」および「HAL介護支援用(腰タイプ)」について、生活支援ロボットの国際安全規格「ISO 13482:2014」の認証を一般財団法人日本品質保証機構(JQA)から取得したと発表した。

この認証を受けることで、第三者が安全性を確認したことになり、安全性評価が高まり、普及を促す効果があるとしている。

■「ISO 13482:2014」とは?

「HAL介護支援用(腰タイプ)」につけられた認証マーク
「HAL介護支援用(腰タイプ)」につけられた認証マーク

「ISO 13482:2014」は、生活支援ロボットの安全性に関する国際規格で、NEDO生活支援ロボット実用化プロジェクトの参画メンバーが中心となって草案を作り、2014年2月1日に発行された。これまでに、パナソニック株式会社の「リショーネ」、株式会社ダイフクの「エリア管理システム」が取得している。また、ISO/DIS 13482はサイバーダイン「ロボットスーツHAL」が取得している。

今回、サイバーダイン社は作業者及び介護者向けの装着型ロボットとして世界で初めて認証を取得した。安全検証の試験は2010年に設立された、つくば市にある「生活支援ロボット安全性検証センター」で行った。

ISO13482を取得したロボット
ISO13482を取得したロボット

ISO13482の要求する安全性
ISO13482の要求する安全性

■生活支援ロボット実用化プロジェクト

NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の概要
NEDO「生活支援ロボット実用化プロジェクト」の概要

NEDOロボット機械システム部の弓取修二氏は「日本が抱える様々な社会的課題の解決策はロボット」と語り、平成21年から25年までの5年間実施された「生活支援ロボット実用化プロジェクト」を紹介した。同プロジェクトは、技術開発と、安全性基準の確立を両輪として実施していた点が大きな特徴だったという。

■「HAL作業支援用(腰タイプ)」「HAL介護支援用(腰タイプ)」

HALに付けられた認証マーク。左が作業支援用、右が介護支援用
HALに付けられた認証マーク。左が作業支援用、右が介護支援用

「HAL作業支援用(腰タイプ)」および「HAL介護支援用(腰タイプ)」は、重さ2.9kgの装置で、腰の部分に電極を貼って使用する。腰痛の原因となる重量物を持ったときの腰部への負荷を軽減し、作業支援および介護支援を行うことを目的としている。

「HAL作業支援用(腰タイプ)」と「HAL介護支援用(腰タイプ)」
「HAL作業支援用(腰タイプ)」と「HAL介護支援用(腰タイプ)」

作業支援用は大林組に5台、試験導入されている。7名で試験を行ったところ、分電盤を運ぶ作業においては「HAL」を使うことで、これまでは通常1日40個の移動が限界だったケースにおいて、80個の運搬が4回~5回できるようになり、それでも通常よりも疲労感が少なかったという。

大林組にて試験を行った
大林組にて試験を行った

https://www.youtube.com/watch?v=XtlYox50Wb8

作業支援用と介護支援用の違いは、介護支援用が主にベッドへの移乗を基本としているのに対して、作業支援用は作業用のプログラムのパッケージが組まれているという。

サイバーダインは今後、介護支援用は今年度中には導入を図り、作業支援用と合わせて最低50セット以上を現場に導入していく予定。また今回の認証取得をベースに早期に「CEマーキング」を取得して、ヨーロッパでの事業展開を図る。

Text by 森山和道

【お詫びと訂正】初出時、「一般財団法人日本品質保証機構」の名称を誤って記載しておりました。お詫びとともに訂正させていただきます。

ニュース

ページトップへ