超精密碁盤や1/4スケール精密卓上旋盤など~日本精密機械工業会、「日本人の匠技 モノづくりコンテスト」入賞作品をJIMTOF2014で展示

精密加工用工作機械メーカーの業界団体である日本精密機械工業会(JAPMA)は、「日本人の匠技モノづくりコンテスト」入賞作品をJIMTOF2014で展示した。高精密・高品質をアピールし、「今こそ、イキイキとしたモノづくりを再発見しよう!!」を目的に、会員企業の工作機械および製品で加工あるいは組み立てられた作品が対象。一部をご紹介。

株式会社スギノマシンによる作品名「荒波寄せる市場変化のなかで目指せ『富士の山』」。厚さ100μmのステンレス板に深さ50μmの浅彫りウォータービーム微細加工で富嶽三十六景をテーマに描いたもの
株式会社スギノマシンによる作品名「荒波寄せる市場変化のなかで目指せ『富士の山』」。厚さ100μmのステンレス板に深さ50μmの浅彫りウォータービーム微細加工で富嶽三十六景をテーマに描いたもの

株式会社北村製作所による「ミニチュア1/4スケール小型精密卓上旋盤」
株式会社北村製作所による「ミニチュア1/4スケール小型精密卓上旋盤」

部品はほとんどが手加工品だという
部品はほとんどが手加工品だという

最優秀賞は株式会社ワークスによる「超硬合金とセラミックで作成した超精密碁盤と碁石」
最優秀賞は株式会社ワークスによる「超硬合金とセラミックで作成した超精密碁盤と碁石」

碁盤と黒は超硬合金。白い碁石はセラミック製。碁盤表面はサブミクロンオーダーで平坦面超精密研削加工を施しており、碁石は宝石をイメージして製作したという
碁盤と黒は超硬合金。白い碁石はセラミック製。碁盤表面はサブミクロンオーダーで平坦面超精密研削加工を施しており、碁石は宝石をイメージして製作したという

Text by 森山和道

ニュース

ページトップへ