THKインテックス、川田工業製の双腕ロボット「NEXTAGE」を第27回日本国際工作機械見本市に出展。自社での活用風景もビデオで公開

JIMTOF2014 第27回日本国際工作機械見本市」が10月30日(木)~11月4日(火)の日程で東京ビッグサイトにて行われた。THK株式会社の100%子会社であるTHKインテックス株式会社は、提携している川田工業株式会社製の双腕産業用ロボット「NEXTAGE(ネクステージ)」のデモをブースで行い、実際にTHK社内でも「NEXTAGE」を活用している様子をビデオで紹介した。

THKブース
THKブース

NEXTAGEによるデモ
NEXTAGEによるデモ

https://www.youtube.com/watch?v=MfEY2deKS-8

THKブースでのNEXTAGEのデモ

NEXTAGEは人と協調して作業を行うことを目指して開発された上半身型のヒューマノイドロボットで、サイズもほぼ人間大。頭部ステレオカメラと腕先のハンドカメラを使ってランプの点灯やボタンなど、人が使っていたインターフェイスを使って周辺機器の状態を認識したり操作することができる。またツールチェンジャーを使って手先ツールを変えたり、治具を活用すれば人が使うドライバーなど作業道具を扱うこともできる。そのため人がやっていた作業の一部を置き換えることができる。

可搬重量は片腕1.5kg。出力80Wの低出力モーターを使っており、安全柵を設置する必要がない。コントローラーは本体下にある。床にボルトで固定する必要がないためロボット本体の設置も容易に行える。ロボット自身が移動台車を操作して作業場所を変えることもできる。

人と同等のサイズで人と同じインターフェイスを利用して働ける
人と同等のサイズで人と同じインターフェイスを利用して働ける

THKインテックスと川田工業は2013年11月に販売代理店契約を締結。THKはロボット周辺の製造設備や実際の活用面での事業を展開している。今回のブースでは、THK自らもユーザーであることを示すために社内での活用の様子を披露した。ビデオでは全国各地にあるTHKの生産現場での活用風景が手短に紹介されていた。

nx-1000347

nx-1000351

THKの生産現場で実際に活用されている様子
THKの生産現場で実際に活用されている様子

THKの主力製品「LMガイド」
THKの主力製品「LMガイド」

Text by 森山和道

ニュース

ページトップへ