【11月1日発売】ASRock、SATA3ポートを18個備えたハイエンドマザーボード「ASRock X99 Extreme11」

ASRockはSATA3ポートを合計18個備えたハイエンドマザーボード「X99 Extreme11」を11月1日に発売する。

Intel X99チップセットを搭載したExtended ATX規格のマザーボードで、CPUソケットはLGA2011-v3。18個のSATA3ポートは、Intel X99からのSATA3 6Gb/sポート10個に加え、12Gb/sの転送速度をサポートするLSI SAS 3008コントローラからの8個で構成される。ASRock独自のPCI Express3.0 x4接続の「Ultra M.2ソケット」も2基搭載する。

拡張スロットはPCI Express 3.0 x16を5基搭載。2つのPLX PEX 8747ブリッジチップにより、4ウェイSLIおよび4ウェイCrossFireXに対応するとともに、規格上のフルレーンである x16モードでの使用をサポートする。

DDR4 DIMMスロットを8個備え、クアッドチャネルに対応。最大容量は128GB。LANポートはIntel I218VとI211ATのデュアル構成となっている。その他のインターフェイスは、USB 3.0×8、USB 2.0×8、7.1チャンネルHD Audio出力など。

・製品情報
X99 Extreme11

・ドスパラでの販売開始予定日
2014年11月1日(土)販売開始

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売予定価格
89,964円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら(下記リンクは11月1日より公開されます)
X99 Extreme11

P1070442

P1070520b
本機最大の特徴である18個のSATA3ポート。画像右側10個がIntel X99オリジナルの機能で提供されるSATA3 6Gポート、左側8個がLSI SAS 3008コントローラより提供されるSATAポートで12Gb/sの転送速度をサポートする

P1070501
クアッドチャネルに対応するDDR4 DIMM スロットを8個備え、合計128GBまで搭載可能

P1070450
ASRock独自のPCI Express3.0 x4接続の「Ultra M.2ソケット」を2基搭載

P1070472
LANポートも、Intel I218V(画像右)とI211AT(画像左)のデュアル構成

P1070492
拡張スロットはPCI Express 3.0 x16を5基搭載。2つのPLX PEX 8747ブリッジチップにより、x16モードでの4ウェイSLIおよび4ウェイCrossFireXに対応する

P1070470
Purity Sound2チップにより高品質な音声再生を可能にするという

P1070530
マザーボード上に電源スイッチ、リセットスイッチを備える。画像左のA/Bセレクタにより起動BIOSを2種類選択可能だ

P1070459
随所に12,000時間の耐久性を持つというニチコン製12Kプラチナコンデンサを採用する

P1070538
12電源フェーズ設計により、CPUに安定した電源供給を可能にしているという

P1070409

P1070411

P1070416
付属品一式

P1070419
ケーブル等の小物類は特製ポーチに収まる

ニュース

ページトップへ