Phanteks マイクロタワーケース「Enthoo EVOLV PH-ES314E」

Phanteksはマイクロタワーケース「Enthoo EVOLV」を10月17日より発売した。外板はアルミニウム製で、サイドパネルは特別な道具を必要とせずに開閉可能な設計のため高いメンテナンス性を備えているという。光学ドライブ用の5インチベイはケース背面からアクセスするという独特な設計。電源スイッチや各種インターフェイスなどは本体側面に配置され、前面パネルからのアクセスは極力排されている。本体カラーは白黒2色が用意される。

型番構成:
PH-ES314E_WT(白)
PH-ES314E_BK(黒)

主なスペックは下記の通り。



サイズ 230×400×450mm(幅×奥行き×高さ)
重量 9Kg
ドライブベイ 5インチベイ×1(背面)、3.5インチベイ×3、2.5インチベイ×5
ファン フロント:120mm×2または140mm×2(200mm×1標準搭載)
リア:120mm×1または140mm×1(140mm×1標準搭載)
トップ:120mm×3または140mm×2
対応フォームファクタ miniITX、MicroATX
インターフェイス USB3.0×2、Audio×1、マイク×1

・製品情報
Enthoo EVOLV

・ドスパラでの販売開始日
2014年10月17日(金)販売開始

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売価格
26,784円(税込)

 

P1070268_
サイド面にアクリルパネルを採用する

P1070272_
フロント面には電源LEDのみ、開閉口は無い

P1070276_
背面最上部が5インチベイとなっている

P1070278_

P1070274_
電源スイッチ、I/Oポートもサイド面にある

P1070298_
サイドパネルは蝶番式に開閉する

P1070299_
両方のサイドパネルが開閉可能な仕様となっている

P1070330_
アクリルパネル面を開いて内部にアクセスする

P1070336_
TOP面は、はめこみ式のパネルになっておりドライバー等不要で着脱可能

P1070356_
様々なドライブが装着可能というマルチファンクション・サイドブランケットを取り外したところ

P1070337_
背面には140mmファンを1基標準搭載

P1070310_
もう片方のサイドパネルを開いたところ

P1070315_
画像左上が電源スイッチ

P1070384_
3.5インチベイはI/Oポート下部よりアクセスする

P1070388_
3.5インチHDD装着ユニット

P1070367_
背面上部に5インチベイがある

P1070373_
カバーを外して光学ドライブ等を搭載可能だ

P1070366_
ケース下部には防塵フィルターを装備する

P1070395_
フロントパネルもはめ込み式で、特にドライバー等使用せず着脱可能

P1070396_
防塵フィルター部も同様にはめ込み式で、容易に着脱可能だ

P1070285_
付属品一式

ニュース

ページトップへ