富士通、2in1タイプの10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab QH55/S」

富士通株式会社は2in1タイプの10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab QH55/S」を12月中旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は11万円強の見込み。OSはWindows 8.1 with Bing 64ビット版で、Office Home and Business 2013が付属する。

標準でキーボードが付属し、ノートPCのように折りたたんで持ち運びが可能な2in1タブレット。液晶は10.1型ワイドWUXGA(1920×1200ドット)フルフラットファインパネル IPS Alpha液晶。タッチ機能のほか付属のワコム製専用スタイラスペンによるペン入力にも対応。太陽光を検知してディスプレイの輝度を調整して屋外での視認性を向上する「スーパークリアモード」にも対応する。microHDMIによる外部ディスプレイ接続も可能で、接続時の最大解像度は1920×1200ドット。

本体サイズと重量はタブレット単体時が265.5×188.8×10.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量約680g。キーボード接続時は265.5×223.8×17.6~18.2㎜(同)、重量約1.38kg。

CPUはIntel Atom Z3795 1.59GHz。メモリは4GB(LPDDR3-1066)、ストレージは64GBフラッシュメモリを内蔵する。無線機能はIEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFCに対応。カメラ部の有効画素数はフロント側が約200万画素、リア側が約800万画素。インターフェイスはmicroHDMI×1、USB 3.0×1、USB 2.0×1、microSDメモリカードスロット×1などを備える。バッテリ駆動時間はタブレット単体時で約11時間(JEITA 2.0)、キーボード接続時で約10時間(JEITA 2.0)。

10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab QH55/S」
10.1型Windowsタブレット「ARROWS Tab QH55/S」

3Dテクスチャが施されたタブレット背面
3Dテクスチャが施されたタブレット背面

ノートPCのように折りたたむことができる
ノートPCのように折りたたむことができる

タブレットを取り外したところ
タブレットを取り外したところ

キーボードとの接続端子
キーボードとの接続端子

microHDMI端子を備える
microHDMI端子を備える

電源ボタンとUSB端子など
電源ボタンとUSB端子など

付属のキーボード。キーピッチは1.7mm
付属のキーボード。キーピッチは1.7mm


別売のポートリプリケータ


有線LANなど豊富なインターフェイスを備える


ポートリプリケータを装着したところ。キーボードをつなげばデスクトップPCのように使える

ニュース

ページトップへ