富士通、片手でも持ちやすい8インチWindowsタブレット「ARROWS Tab QH33/S」

富士通株式会社は、8インチWindowsタブレット「ARROWS Tab QH33/S」を11月21日(金)より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は6万円前後の見込み。OSはWindows 8.1 with Bing 32ビット版。Microsoft Office Home and Business 2013を標準搭載する。

8インチのLEDバックライト付タッチパネル式TFTカラー液晶を備えるタブレットで解像度は800×1280ドット。本体サイズは126×215×9.9mm(幅×奥行き×高さ)で、横幅を126mmとすることで女性が持っても最低限、指2本が本体の中心線より反対側に出るため長時間片手で保持していても疲れにくいという。重量は約390gで一般的なシステム手帳と同等としている。本体フレームはマグネシウム合金製で軽さと堅牢性を両立させた。本体にはmicroHDMI端子も備え、テレビなどに画面を写して動画などを楽しめる。外部出力時の解像度は最大1920×1200ドット。

CPUはAtom Z3735F 1.33GHzを搭載。メモリは2GB(DDR3L-1333)、ストレージは64GBフラッシュメモリを内蔵する。無線機能はIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth v4.0、NFCに対応。カメラ部の有効画素数はフロント側が約126万画素、リア側が約500万画素。バッテリ駆動時間は約10.5時間(JEITA 2.0)、12時間(JEITA 1.0)。

mu-1640

スタンドにもなる別売のフォリオカバーを装着したところ
スタンドにもなる別売のフォリオカバーを装着したところ

本体裏側
本体裏側

本体上部にmicroHDMI端子を装備
本体上部にmicroHDMI端子を装備

HDMI出力で外部ディスプレイと接続したところ
HDMI出力で外部ディスプレイと接続したところ

電源ボタンとボリューム
電源ボタンとボリューム

・ニュースリリース
ARROWS Tab QH33/S

・製品情報
ARROWS Tab QH33/S

ニュース

ページトップへ