FDK、厚さ0.42mmの極薄リチウム電池を「CEATEC JAPAN 2014」に出展 多機能カード向け

富士通系の電子部品メーカー大手のFDK株式会社は、多機能クレジットカード向けの薄型リチウム電池を「CEATEC JAPAN 2014」に富士通ブースで出展している。厚さは0.42mm。寿命は室温で5年程度。カタログはこちら

クレジットカードは「ワンタイムパスワード」用の乱数発生器と小型ディスプレイを内蔵するなど、特にセキュリティ面で多機能化が進んでいる。そのようなクレジットカード向けのための電池だ。既に本格量産されており、カード以外にも用途は広がりつつあるという。全てが薄いが一通りの機能は全て入っているとのことだった。

内蔵電池によってワンタイムパスワードを表示可能なカード。表示部分は電子ペーパー
内蔵電池によってワンタイムパスワードを表示可能なカード。表示部分は電子ペーパー

電池の厚さは0.42mm。電池寿命は5年だが、クレジットカードなどは更新時期まで寿命が持てばよいので問題ないという
電池の厚さは0.42mm。電池寿命は5年だが、クレジットカードなどは更新時期まで寿命が持てばよいので問題ないという

台湾などではすでに実用されているそうだ
台湾などではすでに実用されているそうだ

Text by 森山和道

ニュース

ページトップへ