上海問屋 USB DAC ヘッドホンアンプ「DN-11477」

ドスパラは、上海問屋ブランドのUSB DAC ヘッドホンアンプ「DN-11477」を10月8日より発売した。

16bit/48kHzビットレート対応のUSB DACで、コンパクトな機器本体にボリューム調整ダイアルなどを搭載しており、手元に置くことで簡単に音の調整が可能になっている。ゲーム中のボイスチャットなどで活躍しそうだ。

本体上部にはVOLUME、BASS、TREBLE調節ダイアルと、マイクミュートボタンを、側面には3.5mmヘッドフォン出力端子及び3.5mmマイク入力接続端子を、背面にはUSB接続端子を搭載している。なお、ヘッドフォンは対応インピーダンスが32~300Ωとなる。

その他の主なスペックは下記の通り。



本体サイズ 65×185×40mm(幅×奥行き×高さ)
重量 約166g
対応ビットレート 16bit/44.1、48 kHz
出力 1mW×2 (32Ω)
THD+N 0.05%以下
S/N比 80dB以上
イコライザーコントロール 125Hz±10dB(Bass)/10kHz±10dB(Treble)
付属品 USBケーブル(93cm)、英語マニュアル

 

・販売開始日
2014年10月8日(水)販売開始

・記事掲載時点での販売価格
4,999円(税込)

・上海問屋WEBサイト商品ページはこちら
DN-11477

左からミュートボタン、BASSダイアル、TREBLEダイアル、VOLUMEダイアル
左からミュートボタン、BASSダイアル、TREBLEダイアル、VOLUMEダイアル

マイク入力、ヘッドフォン出力
マイク入力、ヘッドフォン出力

USB接続端子
USB接続端子

20141008-DSC_0319

ニュース

ページトップへ