玉乗りロボット「村田製作所チアリーダー部」-CEATEC JAPAN 2014

株式会社村田製作所は、10月7日から10月11日の日程で幕張メッセにて開催中の「CEATEC JAPAN 2014」同社ブース内で、10体の玉乗りロボットからなる「村田製作所チアリーダー部」を公開している。

https://www.youtube.com/watch?v=yUQZkD1WOqo
「CEATEC JAPAN 2014」村田製作所ブースでのデモ

「村田製作所チアリーダー部」は、直径12cmのボールの上でバランスを保って全方位に移動するロボット。身長36cm、重さは1.5kg。秒速30cmで移動しながら超音波を使った位置検出技術を使って、10体でぶつからずにフォーメーションダンスをステージ上で披露する。同社スローガン「Innovator in Electronics」にもとづいて「世界中の子どもから大人まで幅広い世代のInnovatorを応援したいというコンセプトのもと、複数ロボットによるチアリーディング部を構想」したという。

2輪の自転車型ロボット「ムラタセイサク君」、一輪車の「ムラタセイコちゃん」、それに続く「ゼロ輪」という位置づけ。本体の傾きを3つのジャイロセンサーで検出。ボディの下のボールを本体下部のオムニホイールで動かしてバランスを取る。

https://www.youtube.com/watch?v=PyTFYM3g5yE
指で押されてもバランスする

位置は2カ所に設置された超音波発信器から発信された超音波と赤外線の時間差を使って検出する。検出センサーは超音波マイクが5つ、赤外線センサーが4つ、いずれも本体頭部に仕込まれている。それぞれのロボットが検出した位置情報は無線で制御システムに伝えて、制御システムが各ロボットに指令を出す。

ceatec02-00091
MEMSジャイロを内蔵

MEMSジャイロを内蔵
超音波と赤外線で位置を検出する

ceatec02-00150
村田製作所チアリーダー部のデモスケジュール。ほぼ1時間に一回行われる

ceatec02-00151
デモを見た人がもらえるノベルティのボールペン

Text by 森山和道

ニュース

ページトップへ