【動画フォトレポート】独自の自動空冷システムを搭載した ZALMAN製フルタワーケース「H1」

アスクが販売しているZALMAN製フルタワーケース「H1」は、「AHVクーリングシステム」と呼ばれる独自機能を搭載するのが特徴のフルタワーケースだ。「AHV」は、Automatic Heat Ventilationの略で、ケースの内部温度が設定値を超えると自動でケースTOPに設けられた冷却フィンが開き、TOPファンが回転を始め排気を強化、逆に設定温度を下回ると自動的にファンが停止し、冷却フィンが閉まるものだ。AHV動作の設定値となる内部温度は35℃と45℃の2種類から選択できる。手動による開閉も可能だ。主なスペックは、Mini-ITX/microATX/ATX/E-ATX/XL-ATX規格に対応、内部に5インチベイ×3、5インチ/3.5インチ共用ベイ×1、3.5インチ/2.5インチ共用ベイ×6、トップに温度モニターとファンコントローラーの他、USB 3.0ポート×2、USB 2.0ポート×2、AUDIO in/outコネクタを搭載。本体サイズは237×569×551mm(幅×奥行き×高さ)となる。

・製品情報
ZALMAN H1

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売価格
14,250円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
ZALMAN H1

P1040749

P1040759

P1040758

P1040766
内部が確認できるアクリルパネルを採用している

P1040786
サイドパネルを外したところ

P1040793
同じく逆側より

P1040768
ケース上面の画像。冷却フィンが開き、内部の熱を排気可能となる

P1040772
ケース上面にI/Oポートとファンコントローラーを備える

P1040814
内部より上面の120mm排気ファンを見たところ

P1040774
ケース底面より

P1040778
防塵フィルターは脱着可能だ

P1040804
3.5インチ/2.5インチ共用ベイ6基を備える

P1040806
HDDはホットスワップに対応する

P1040849
ハードディスク装着用のトレイはサーバー方式のTool-Freeを採用する

P1040851
装着ユニットにHDDを実装したところ

P1040835
フロントに設置される200mmファン

P1040855
基本パーツを装着したところ

P1050014
フロントのドアは、高風量のクーリングを必要とする場合にオープン可能だ

P1050015

P1050017
ドアを開いたところ

P1050020
付属品一式

https://www.youtube.com/watch?v=hfG-eU35u2o

https://www.youtube.com/watch?v=p2sVn5Qo-0Y

ニュース

ページトップへ