ゲーム業界で存在感を増すインディーゲーム【東京ゲームショウ2014レポート】

9月18日から21日までの4日間、幕張メッセで開催された「東京ゲームショウ2014(TGS)」。TGSといえば、プレイステーションやXboxといった家庭用ゲーム機のイベントという色が強いが、最近ではモバイルゲームの出展が増えていたり、今年は「Oculus Rift」や「Project Morpheus」といったVRデバイスに人気が集まったりと、日本のゲーム業界の世相を反映するイベントでもある。

今年も様々なタイトルが並ぶ一大ゲームイベントとなったが、その中で大きな変化となって現れたのがインディーゲームだ。「インディーゲームコーナー」は大手ブースに囲まれる好配置で、今年はぐっと存在感を増した。また出展に際しては、ソニー・コンピュータエンタテインメントが出展料を肩代わりしたことも大きな話題となった。

とはいえ出展がプレイステーションタイトルに限られているようなこともなく、多種多様なインディーゲーム開発者・団体が出展を果たした。1つ1つのコマは小さいものの、国内外のインディーゲームがごちゃまぜに配置されたこともあり、来場者やプレス関係者も国際色豊かなコーナーとなった。

■プラットフォームもPC、スマートフォン、VRデバイスなどバリエーション豊かに

インディーゲームと言えば、主体となるプラットフォームはWindows PCだ。今回のTGSでもPC向けのタイトルはいくつか並んでいた。

ZENITH BLUEが開発している「SkyLens」は、横スクロールタイプのアクションゲーム。壁を蹴って進むアクションや、先の見えないダンジョンを探索するアドベンチャー要素が盛り込まれている。

「SkyLens」
tgs-02

tgs-03

Project ICKX(プロジェクト イクス)が出展したのは、開発中のフライトシューティング「Vertical Strike」。プログラムを書かなくてもフライトシューティングが作れることを目標に制作されている、3Dフライトシューティングフレームワーク「alternator」のテストベッドを兼ねたタイトルとされている。

「Vertical Strike」
tgs-04

tgs-05

NIGOROが開発中の2Dアクションアドベンチャー「LA-MULANA2」は、今年頭に実施したクラウドファンディングで26万ドル以上を集めたタイトル。完成は2015年末と先の予定ということもあって、以前別のイベントで出展したのと同じものを置いていたが、話題的にも規模的にも今後が注目されるタイトルとなっている。

「LA-MULANA2」
tgs-06

インディーゲームの最近のトレンドの1つとして、マルチプラットフォーム対応がある。PC以外に、スマートフォン、家庭用ゲーム機、さらにはVRゲームなどへ展開が広がっている。開発ツール側のマルチプラットフォーム対応が進んでいることや、スマートフォンはもちろん、家庭用ゲーム機でもインディーゲームの受け入れ態勢が整いつつあることから、開発時点からマルチプラットフォームを意識している開発者も増えてきている。

iOS版で話題になったNyamyamのアドベンチャーゲーム「Tengami」は、新たにSteam版(Windows、Mac OS)とAndroid版を早ければ10月にも発売する。和風ファンタジーの世界を立体絵本のような手法で表現する特徴的なグラフィックスとギミックが、他の開発者からも高い評価を受けている。

「Tengami」
tgs-07

tgs-08

闇討ちProjectが開発中の「Dungeons&Darkness」は、剣と魔法を駆使してダンジョンを探索するアクションRPG。プラットフォームはiOSとAndroidで、左手で移動、右手で視点切り替えという操作を快適に行えるようチューニングを繰り返したという。モバイル版の他にWindows版も開発予定で、FPSスタイルの操作でプレイできるようにしたいそうだ。

「Dungeons&Darkness」
tgs-09

tgs-10

YOX-Projectは、自らが開発しているアドベンチャーゲーム・ノベルゲーム開発システム「ADV+++」を使った推理アドベンチャーゲーム「姫君は優雅に推理する」を出展した。異国の姫が秋葉原で探偵事務所を構えるというユニークな設定で物語が展開される。こちらもターゲットはiOSとAndroidだが、Windows版も開発を進めるそうだ。

「姫君は優雅に推理する」
tgs-11

tgs-12

VRコンテンツを開発するインディーゲーム開発者もいる。ゲーム菩薩グループは、Oculus Riftを使った「水没都市~シマダシステム」を出展。水没した都市で、水中に落ちているアイテムを拾うというゲームになっている。「シマダシステム」というのは、OpenStreetMapのデータを3Dモデル化するシステムで、元データさえあれば全世界のどこでもゲームのフィールドにできるとしている。

「水没都市~シマダシステム」
tgs-13

さらに変わったものを出展していたのが、台湾から出展したUwan。スマートフォン用の縦スクロールシューティング「ライトニングファイター2」に、同じく台湾のフィットネス器具メーカー晨昌健康科技のエアロバイクを組み合わせた。ペダルをこぐとショットとバリアが発生し、ハンドルを動かすと自機が動く。操作性に難を感じたものの、ゲームでエクササイズのモチベーションを高めようというアイデアは十分形になっていた。

「ライトニングファイター2」
tgs-14

tgs-15

■家庭用ゲームに進出するインディーゲームも増加

家庭用ゲーム機への展開も活発化している。ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)ブースでは、プレイステーションプラットフォームで発売されるインディーゲームが紹介されていた。

プレイステーション 4用アクションゲーム「Croixleur Σ(仮)」は、元々はsouvenir circ.がWindows向けに開発した同人ゲーム。魔法剣士の少女が、剣に備わった多彩なスキルとコンボで敵を倒していく爽快なアクションゲームだ。グラフィックスのクオリティがPS4に合わせてグレードアップしている。

「Croixleur Σ(仮)」
tgs-16

tgs-17

FullPowerSideAttack[.]comが開発しているPlayStation Vita用パズルアクション「TorqueL」は、以前からSCEが支援している肝入りのタイトル。四角いプレイヤーキャラクターを転がすように動かしつつ。4つのボタンで四方に伸ばせるアームを使い、フィールドにあるゴールを目指す。

「TorqueL」
tgs-18

tgs-19

ミラクルポジティブが開発中のPS Vita用サンドボックスアクションゲーム「Airship Q」は、アクションアドベンチャーに箱庭ゲーム的な構築要素を合わせ、さらに環境シミュレーター的な自然法則も持ち込んだゲーム。アイテムを拾って合成し、使ったりフィールドに配置したりして進む。開発は以前から行われていたが、今年、Cygamesから7,000万円の出資を受け、クオリティ・ボリュームとも大幅にアップしている。

「Airship Q」
tgs-20

tgs-21

インディーゲームで出資の話題といえば、comceptが開発中の「Mighty No. 9」がある。「ロックマン」の生みの親として知られる稲船敬二氏が手掛けている横スクロールアクションゲームで、Kickstarterでのクラウドファンディングにより、400万ドルを超える資金を集めた。もはやインディーと呼べる規模ではないのかもしれないが(そもそもインディーの定義も曖昧であるが)、インディーゲームの今後を占う重要なタイトルであることは間違いない。

今回のTGSでは、マイクロソフトブースに試遊台が置かれていた。2015年4月に発売予定となっているが、展開としてはややひっそりした印象だ。プラットフォームはWindows、Mac OS、Linux、PS4/3/Vita、Xbox One/360、Wii U、ニンテンドー3DSと、現行のあらゆるゲーム機を網羅するので、今はただ完成を待つといったところだ。

「Mighty No. 9」
tgs-22

このほかにも多数のタイトルが出展されていた。インディーゲームコーナーだけでも70以上の出展があり、その全ては網羅できないのが残念だ。ただインディーゲームコーナーを埋め尽くすような集客度を見る限り、来年はインディーゲームコーナーがより規模を拡大して展開されることも十分にあり得る。今後のイベントも期待して見ていきたい。

ちなみに11月には、東京ロケテゲームショウ(11月3日、板橋グリーンホール)、デジゲー博(11月16日、秋葉原UDX)というインディーゲームのイベントがある。興味が沸いた方はぜひこちらのイベントにもご参加いただきたい。

 Text by 石田賀津男

ニュース

ページトップへ