上海問屋、腱鞘炎になりにくいエルゴノミクスデザインを採用したマウスを発売

上海問屋は、エルゴノミクスデザインマウス DN-12371を2月26日より発売した。価格は1,499円(税込)。

DN-12371は、手首への負担が少なく腱鞘炎になりにくいという、人間工学に基づいたエルゴノミクスデザイン採用のマウス。横から手を添えて使用することで、手首をひねることなく自然な角度でマウスを握ることができ手首への負担が少なくなるという。

右利き用のデザインで、読み取り方式は光学式。インターフェイスはUSB 2.0。ボタン数は左右クリックボタンとホイールボタンの3ボタン。

主なスペックは下記の通り。



対応OS Windows XP/Vista/7/8/8.1
インターフェイス USB 2.0
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
7×12×6.6cm
ケーブル長 約188cm
重量 約45g
保証 初期不良2週間

・販売開始日
2015年2月26日(木)

・販売価格
1,499円(税込)

・上海問屋WEBサイト商品ページはこちら
エルゴノミクスデザインマウス DN-12371

20150226-DSC_0773

20150226-DSC_0772

人間工学に基づく疲れにくいデザイン
人間工学に基づく疲れにくいデザイン

真上から見たところ
真上から見たところ

左右クリックとホイールの3ボタン
左右クリックとホイールの3ボタン

親指を置く部分が大きくへこんでいる
親指を置く部分が大きくへこんでいる

接続はUSB
接続はUSB

パッケージ
パッケージ

パッケージ裏
パッケージ裏

ニュース

ページトップへ