GIGABYTE、第5世代Intel Coreプロセッサ搭載の「BRIX GB-BXi7-5500」を発売

GIGABYTEは、第5世代Intel Coreプロセッサ搭載を搭載した「BRIX GB-BXi7-5500」を発売した。価格は75,578円。

CPUにIntel Core i7-5500Uを採用したコンパクトPCキットで、メモリとストレージは別売。対応メモリはDDR3L SO-DMM(2スロット)で、対応周波数は1,333/1,600MHz。最大容量は16GB。ストレージはmSATA対応SSDに対応する。

無線機能はIEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0に対応するほか、NFCにも対応する。本体サイズは107.6×114.4×33.9mm(幅×奥行き×高さ)。



CPU Intel Core i7-5500U 2.4GHz/3.0GHz
メモリ DDR3L SO-DMM 1,333/1,600MHz、最大16GB
対応ストレージ mSATA×1
グラフィックス Intel HD Graphics 5500
インターフェイス Gigabit Ethernet、USB 3.0×4(前面×2、背面×2)、オーディオ端子×1、HDMI×1、Mini Displayport×1
VESA対応 75mmまたは100mmパネル付属

・製品情報
BRIX GB-BXi7-5500

・販売開始日
2015年2月20日(金)

・販売価格
75,578円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
BRIX GB-BXi7-5500

 

BRIX GB-BXi7-5500
BRIX GB-BXi7-5500

前面
前面

右側
右側

左側
左側

背面
背面

電源ボタン
電源ボタン

前面インターフェイス
前面インターフェイス

背面のインターフェイス類
背面のインターフェイス類

GIGABYTEのロゴと、中央にあるのはNFCのロゴ。この裏にセンサーがある
GIGABYTEのロゴと、中央にあるのはNFCのロゴ。この裏にセンサーがある

本体裏側。分解のためのネジはゴム足から見えるので足を外す必要はない
本体裏側。分解のためのネジはゴム足から見えるので足を外す必要はない

裏側のパネルを外したところ
裏側のパネルを外したところ

マザーボード
マザーボード

無線LANユニットと、その上にはmSATAスロットを装備
無線LANユニットと、その上にはmSATAスロットを装備

メモリスロットは2基
メモリスロットは2基

天板側も分解してみた
天板側も分解してみた。内側のネジを6カ所外す

天板部分を外したところ
天板部分を外したところ

天板裏に装着されているNFC用のセンサー
天板裏に装着されているNFC用のセンサー

マザーボードのCPU側
マザーボードのCPU側。ファンとヒートシンクも外してみる

裏側のネジを外すと冷却ファンを取り外せる。ヒートシンクのネジが見えるようになるのでそれを外す
裏側のネジを外すと冷却ファンを取り外せる。ヒートシンクのネジが見えるようになるのでそれを外す

取り外したヒートシンク
取り外したヒートシンク

ヒートシンクも外したところ
ヒートシンクも外したところ

付属品
付属品

パッケージ
パッケージ

 

ニュース

ページトップへ