Sharkoon、80PLUS認証取得SFX電源「SHA-SFX」シリーズ3モデル発売

株式会社ディラックは、Sharkoon製の電源「SHA-SFX」シリーズを2月24日より発売した。ラインナップは350Wの「SHA-SFX350B」、450Wの「SHA-SFX450B」、500Wの「SHA-SFX500G」の3種類。価格は、350Wモデルが8,100円、450Wモデルが9,180円、500Wモデルが13,500円で、いずれも税込。

3モデルともにSFX3.2に対応した電源で、80PLUS認証を取得している。350W/450Wモデルは80PLUS Bronze認証のスタンダードなタイプ。500Wモデルは80PLUS GOLD認証のプラグインタイプ。500Wモデルのみ、奥行き130mmの筐体を採用し、120mmの大型ファンを搭載している。

主なスペックは下記の通り。



型番 SHA-SFX350B SHA-SFX450B SHA-SFX500G
定格出力 350W 450W 500W
DC出力 3.3V、5V、+12V、-12V、+5Vsb +3.3V:15A
最大出力:105W
+5V:16A
最大出力:105W
+12:27A
最大出力:324W
-12V:0.3A
最大出力:3.6W
+5Vsb:3A
最大出力:15W
+3.3V:22A
最大出力:120W
+5V:21A
最大出力:120W
+12:36A
最大出力:432W
-12V:0.5A
最大出力:6W
+5Vsb:3A
最大出力:15W
+3.3V:20A
最大出力:105W
+5V:20A
最大出力:105W
+12:40A
最大出力:480W
-12V:0.3A
最大出力:3.6W
+5Vsb:3A
最大出力:15W
対応規格 SFX 3.2
ケーブル 直付け プラグイン
コネクタ数 メイン 20+4ピン×1
ATX 4ピン×1
PCIe 6ピン×1
SATA×2
ペリフェラル4ピン×2
FDD 4ピン×1
メイン 20+4ピン×1
ATX 4+4ピン×1
PCIe 6ピン×1
PCIe 6+2ピン×1
SATA×3
ペリフェラル4ピン×2
FDD 4ピン×1
メイン 20+4ピン×1
ATX 4+4ピン×1
PCIe 6+2ピン×2
SATA×4
ペリフェラル4ピン×2
ファンサイズ 80mm 120mm
本体サイズ
(幅×奥行き×高さ)
125×100×63mm 125×130×63mm

・製品情報
SHA-SFXシリーズ

・販売開始日
2015年2月24日(火)

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売予定価格
SHA-SFX350B:8,100円(税込)
SHA-SFX450B:9,180円(税込)
SHA-SFX500G:13,500円(税込)

・ドスパラWEBサイト商品ページはこちら
SHA-SFX350B
SHA-SFX450B

※画像は全てSHA-SFX450Bのもの

20150225-DSC_0764

電源コネクタ側
電源コネクタ側

側面。スペックラベル側
側面。スペックラベル側

側面
側面

ケーブル側
ケーブル側

ファン搭載面
ファン搭載面

ファン搭載面の裏側
ファン搭載面の裏側

350/450Wモデルは80mmファンを搭載。500Wモデルは120mmファンを搭載
350/450Wモデルは80mmファンを搭載。500Wモデルは120mmファンを搭載

350/450Wモデルはケーブル直付け。500Wモデルはフルプラグイン
350/450Wモデルはケーブル直付け。500Wモデルはフルプラグイン

ケーブルは各モデルにより異なる。画像は450Wモデルのもの
ケーブルは各モデルにより異なる。画像は450Wモデルのもの

電源コネクタ
電源コネクタ

電源ケーブル
電源ケーブル

ネジセット、結束バンド、ブラケット
ネジセット、結束バンド、ブラケット

マニュアル
マニュアル

パッケージ
パッケージ

ニュース

ページトップへ