空中に浮くBluetoothスピーカー「Air Speaker」

Air Speakerは、スピーカーユニットが空中に浮遊する独特なデザインを採用したBluetoothスピーカーで、1月6~9日にアメリカのネバダ州ラスベガスで開催された世界最大級のIT&家電ショー「CES2015」でBest Innovation Awardを受賞したことでも話題となったアイテムだ。日本国内では、日本ポステック製品部より2015年3月中旬発売予定となっている。今回当編集部で入手したものはサンプル版だが、写真を交えてご紹介していきたい。

Air Speakerの特徴は、何と言ってもスピーカー本体が空中浮遊するところ。マグネットベースと、スピーカー本体で構成され、本体下部に内蔵された磁石によって空中浮遊を実現しているのだが、「空中に浮く」というデザインはインパクトが大きく、他にはない存在感を醸しだしている。電源はUSB給電で、5時間以上の連続再生に対応。スピーカーマイクを内蔵し、ハンズフリー通話に対応する。日本国内で展開されるカラーは黒と赤の2色が予定されている。

その他、主なスペックは下記の通り。



サイズ 本体:100x40mm(直径×高さ)
ベース部:170x42mm(直径×高さ)※編集部実測
重量 本体:260g
ベース部:905g
出力 3W
カラー 黒、赤
充電 USB給電
連続再生時間 5時間以上(使用条件により異なる)
外部音声入力 3.5mmイヤフォンジャック
付属品 本体、ベース、AUXケーブル、USBケーブル
補助ホルダー、取扱説明書

・販売開始日
2015年3月中旬

・販売予定価格
22,800円(税抜)

・日本ポステック製品部の商品紹介ページ
Air Speaker

https://www.youtube.com/watch?v=d8PEq93Sdos

https://www.youtube.com/watch?v=wpV79l94rUc

https://www.youtube.com/watch?v=EUOq1tto-88

P1150129
スピーカーユニット本体。ボタンは画像左から、電源、ハンズフリー、音量-、音量+

P1150128
逆側に、USB給電用のコネクタとAUX入力端子が備わる

P1150132
ゴムパッキンを開けたところ。画像左側のUSBコネクタより、内蔵バッテリーに充電できる

P1150125-2
スピーカーユニットを天地逆に。この底面部に磁石が入っている

P1150157
取扱説明書にて「マグネットベース」と記述されているベース部

P1150159
裏側より。電源を接続すると赤色LEDが点灯する。ちなみに電源を投入しないと、スピーカーは浮上しないので注意

P1150115
取扱説明書にて「サポートホルダー」と記述されている、椀状のプラスチック部品が付属

P1150163
サポートホルダーの使用方法。静かにスピーカーの位置を定める

P1150169
上手くいくと、ホルダー内でスピーカーが浮上していることが分かる。あとはホルダーを外せば良い

P1150149
スピーカー本体が完全に空中浮遊していることが分かる

P1150095
付属品一式

ニュース

ページトップへ