CP+2015レポート:物欲を加速させるカメラと関連製品が盛りだくさん

2015年2月12日から15日まで、パシフィコ横浜でCP+2015が開催中だ。先んじて取材をしてきたのでそのレポートをお送りしよう。人気はやはりCanonとNikon。取材するにも順番待ちとなるほどで、早々に断念したのだが、土日に見に行く人はそれなりの覚悟をしておいたほうがいいだろう。もちろん、注目は、CanonではEOS 5Ds/EOS 5Ds R。5,060万画素のデジタル一眼レフだ。Nikonでは天体撮影用に特化したD810Aがこと注目を集め、またエントリー向けのD5500もタッチ&トライする人も多いいった様子だった。

EOS 5Ds/EOS 5Ds Rの待ち時間は60分と表示されていることもあったCanonブース
EOS 5Ds/EOS 5Ds Rの待ち時間は60分と表示されていることもあったCanonブース

こちらはNikonブース。いつものNikon的である
こちらはNikonブース。いつものNikon的である

というわけで、本来は取材のつもりではなかったTwitterでCP+2015に来ていることを知った編集長から突然の取材要請があったので、以下、あれこれと見てきたものを紹介していこう。

●SONYブース

まずはSONYブースから。センサーメーカーとして多数のメーカーにセンサーを供給する側面もあるが、カメラメーカーとして立ってきた感がある。ただ新作のボディはなく、SONYレンズ群をすべて並べてテストできるエリアを多く確保していた。なかでも待機列ができていたのは、試作中のFEレンズのタッチ&トライだ。ラインナップがまだ少ないだけに飢えている人が多かったかもしれないのだが、注目はFE 90mm F2.8 Macro G OSS。FEレンズとしては初のマクロ。Gレンズらしい描写だったため、マクロだけでなくポートレートにもOKな写り。気になる価格は不明だが、ツァイスレンズ群よりは安い価格に着地するのではないだろうか。これはFEレンズ群を見ると、価格帯が極端すぎて、実際にレンズを買おうと思うと、買う気になりにくい現状があるからだ。なお撮影データのお持ち帰りはNGとなっているが、後日、チャンスがあるかもしれないので、そのときはまた報告できるだろう。

004

FE 90mm F2.8 Macro G OSS。レンズ先端部でAFとMFの切替が可能であったり、側面にMFスイッチがあるなど、やる気のあるレイアウトになっている
FE 90mm F2.8 Macro G OSS。レンズ先端部でAFとMFの切替が可能であったり、側面にMFスイッチがあるなど、やる気のあるレイアウトになっている

006

FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS。ようやく登場する便利ズーム。α7よりもα7IIで使用したほうが手ぶれ率は少ないだろう。200mm付近の描写はだいぶハキハキとしたもので、使い勝手がよさそうな印象だった
FE 24-240mm F3.5-6.3 OSS。ようやく登場する便利ズーム。α7よりもα7IIで使用したほうが手ぶれ率は少ないだろう。200mm付近の描写はだいぶハキハキとしたもので、使い勝手がよさそうな印象だった

008

Distagon T * FE 35mm F1.4 ZA。ツァイス的な描写というよりは、プラナーに近い素直な印象。好みが分かれそうだ。動画方面を意識しているためか、Clickのオンオフにも対応している
Distagon T * FE 35mm F1.4 ZA。ツァイス的な描写というよりは、プラナーに近い素直な印象。好みが分かれそうだ。動画方面を意識しているためか、Clickのオンオフにも対応している

010

011
FE 28mm F2とウルトラワイドコンバーター、フィッシュアイコンバーター。FE 28mm F2は手ぶれ補正がないものの、描写は良好

試作レンズの試写スペースには、モデルさんが常駐していた
試作レンズの試写スペースには、モデルさんが常駐していた

●OLYMPUSブース

次は攻めていたOLYMPUSだ。E-M5 Mark IIに注目が集まっており、5軸手ぶれ補正とマルチショットによる40MP相当の描写性能で発表時点からの勢いそのままの雰囲気だった。E-M5 Mark IIは、本体のタッチ&トライだけでなく、5軸手ぶれ補正のデモも行なっており、E-M5 Mark IIの手ぶれ補正オンオフを確かめられる機器やE-M5 Mark II単体で撮影した動画の公開などもあった。

さて、E-M5 Mark IIのハイレゾショットは、いわゆるマルチショットだ。0.5ピクセルずつズラして8枚の写真を撮影し、それを1枚にするというもの。JPEGでは40MP相当で出力され、RAWファイルの場合は64MPになるという。RAWの処理はPhotoshop用のプラグインが公開されるとのことだが、PC側への負荷も大きく、多用したいユーザーはPC側の心配も必要となるだろう。とくにメモリをもりもり使用するとのことで、OLYMPUSは64bit OSを搭載したPCでないとまずムリと語っていた。三脚固定で静体限定、ハイエンドレンズ必須となるが、ハイレゾショットの描写は魅力的すぎるため、まじめに考えてしまう読者も多そうだ。

E-M5 Mark IIの正面。軍艦部分にボタンがかなり多い
E-M5 Mark IIの正面。軍艦部分にボタンがかなり多い

E-M5 Mark IIの背面
E-M5 Mark IIの背面

カットモデル。ボディー内のぎっしり感が大変よろしい
カットモデル。ボディー内のぎっしり感が大変よろしい

VCM駆動式手ぶれ補正のイメージ図。浮いている時点で胸アツ。またシャッターも、バネによりボディ本体から浮いた状態のフローティングシャッターを採用している。レリーズ時に衝撃を緩和するだけでなく、駆動音も静かになるメリットがあるという
VCM駆動式手ぶれ補正のイメージ図。浮いている時点で胸アツ。またシャッターも、バネによりボディ本体から浮いた状態のフローティングシャッターを採用している。レリーズ時に衝撃を緩和するだけでなく、駆動音も静かになるメリットがあるという

デザインしていく過程で、OM-3 TIに似てきたため、そうであればと潔く似せたという。それもあってか参考出展品にはガンメタルバージョンが展示されていた。反響によっては製品化したいという
デザインしていく過程で、OM-3 TIに似てきたため、そうであればと潔く似せたという。それもあってか参考出展品にはガンメタルバージョンが展示されていた。反響によっては製品化したいという

OLYMPUS AIR A01も人気を集めていた。SONY QX1のようなイメージセンサーだけの製品だ。OLYMPUS AIR A01はオープンソースなイメージセンサーユニットともいえ、筐体のCAOデータの公開やSDKの配布など、新しいカメラの形を探ろうとしている。この点で、SONY QX1とは方向性が異なるといえるだろう。

OLYMPUS AIR A01本体。筒である
OLYMPUS AIR A01本体。筒である

本体上部にシャッターや電源ボタンがある
本体上部にシャッターや電源ボタンがある

オープンプラットフォームカメラ(OPC)の概念図
オープンプラットフォームカメラ(OPC)の概念図

スマホアプリとの組み合わせで、スマホをプレビューモニターにできるほか、設定変更やシャッターを切ったりもできる
スマホアプリとの組み合わせで、スマホをプレビューモニターにできるほか、設定変更やシャッターを切ったりもできる

OLYMPUS AIR A01を使用した超望遠システム。フレーミングは超望遠ということで、レーザーサイトで行なう男らしい仕様。年配のカメラファンはファインダーがないとダメというが、若い人の場合はそうでもなくなりつつあるため、こういったスタイルはアリだと思って試作したそうだ
OLYMPUS AIR A01を使用した超望遠システム。フレーミングは超望遠ということで、レーザーサイトで行なう男らしい仕様。年配のカメラファンはファインダーがないとダメというが、若い人の場合はそうでもなくなりつつあるため、こういったスタイルはアリだと思って試作したそうだ

●RICOHブース

RICOHでは、フルサイズのデジタル一眼レフPENTAX K-S2を展示していた。防塵防滴仕様に加えて、フルサイズらしくないコンパクトなボディがなかなか面白い。見た目ではAPC-S機かとおもってしまうが、実際に手に持つと収まりがよく、PENTAXファンとしてはうれしい登場だといえるだろう。レンズはまだ2本と少ないが、DAレンズの場合はクロップ機能もあるため、段階的にフルサイズにシフトしていくことも可能だ。

あまり情報を入れずに触っていたので、しばらくAPS-Cだと思っていた。説明員によると同様の反応をする人が多くいたそうだ
あまり事前情報を入れずに触っていたので、しばらくAPS-Cだと思っていた。説明員によると同様の反応をする人が多くいたそうだ

上部から見るとコンパクトさがわかる。そのわりに持ちやすく、またローアングル時の親指シャッターもやりやすい。持ち運びしやすいのもあるため、人気が出そうだ
上部から見るとコンパクトさがわかる。そのわりに持ちやすく、またローアングル時の親指シャッターもやりやすい。持ち運びしやすいのもあるため、人気が出そうだ

WG-5 GPS。タフネスカメラの新作。F2.0のレンズに加えて、14m防水と耐衝撃2.2mの性能も持つ。また1cmマクロ時に役立つレンズ周辺のLEDライトも健在で、アウトドア派向けとして安定感のある1台だといえる。ユニークな機能としては気圧計の搭載だろうか
WG-5 GPS。タフネスカメラの新作。F2.0のレンズに加えて、14m防水と耐衝撃2.2mの性能も持つ。また1cmマクロ時に役立つレンズ周辺のLEDライトも健在で、アウトドア派向けとして安定感のある1台だといえる。ユニークな機能としては気圧計の搭載だろうか

デジタル顕微鏡モードもあるため、アウトドア以外でも活躍する。マザーボードを接写したい場合などにオススメ
デジタル顕微鏡モードもあるため、アウトドア以外でも活躍する。マザーボードを接写したい場合などにオススメ

●ニッシンデジタルブース

ニッシンデジタル。ストロボメーカーとしては、CP+になると魅力的な製品を展開する。今年はDi700AとコマンダーAir1を展示していた。オフカメラストロボを安価に実現するシステムで、2015年4月にCanon用とNikon用が登場する。またSONY用も開発中とのことだ。3万円を切る構成でオフカメラストロボが実現するほか、Di700Aも安価であり、2灯で6万円を切る。エントリー向けの製品となるが、2.4GHz帯を利用したTTLにも対応するため、カメラを使っているからと社内で撮影担当になってしまっている人にも、備品として申告しやすいものだ。

Di700A
Di700A

コマンダーであるAir1。Di700Aとのセット運用になる。なおマウント問わず管理可能な点もポイント。操作は至ってシンプル。おそらく即使える人が圧倒的に多いハズ
コマンダーであるAir1。Di700Aとのセット運用になる。なおマウント問わず管理可能な点もポイント。操作は至ってシンプル。おそらく即使える人が圧倒的に多いハズ

実際に使用してみたところ。3灯の状態。イベント会場は電波が飛び交いまくるため、大丈夫かしらとおもったが問題ナシ
実際に使用してみたところ。3灯の状態。イベント会場は電波が飛び交いまくるため、大丈夫かしらとおもったが問題ナシ

これも3灯の状態。楽にできるオフカメラシステムとして、とてもいい
これも3灯の状態。楽にできるオフカメラシステムとして、とてもいい

●EPSONブース

EPSONで要チェックは低遅延EVF。まだ試作段階で詳細は触れられていなかったが、従来とは異なる方法で低遅延を実現しているようだ。また発色もよく、これまでのEVFによくあるギラツキもなく、かなりナチュラルなものだった。遅延の値も非公開だったが、デモ機で見た限り、不満のないもので、様々な機種への採用が期待される。

従来の方式を解説したパネル
従来の方式を解説したパネル

デモ機。両目で見ながら遅延を確認するというもの。ほぼわからないレベルの遅延だった
デモ機。両目で見ながら遅延を確認するというもの。ほぼわからないレベルの遅延だった

iPhone 6 plusで低遅延EVFを撮影したもの
iPhone 6 plusで低遅延EVFを撮影したもの

 

・CP+ 2015
http://www.cpplus.jp/

ニュース

ページトップへ