レノボジャパン新製品発表会レポート~PC世界シェアは過去最高の20%を獲得

レノボジャパン株式会社は10日、同社新製品の発表に伴い記者会見を開催した。会見ではまず、レノボ・ジャパン株式会社 執行役員専務 瀧口昭彦氏がレノボのエンタープライズ事業などについて説明した。

レノボのグローバル事業は現在、PC世界シェア1位を維持しており、過去最高となる20%を達成した。また日本国内でも30%弱のシェアを獲得しているという。これはNECとジョイントベンチャーを組んだ成果だとし、「この機会に新製品を投入しさらに市場を伸張するため一丸となって取り組む」と意気込みをみせた。

また昨年10月1日に営業を開始したレノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社についても触れ「PC並びにバックエンドを支えるシステム、ストレージ、スイッチなどクライアントを軸としたワンストップシステムとしてソリューションを提供していきたい」と説明。「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)は今後世界で起こる変化、IoTなどともフィットするもの。また、VDIやシンクライアントというと、専用端末で安かろう悪かろうというイメージが強いがThinkPad製品はそうではなく、そこを他社との差別化としたい」などとも語った。

レノボ・ジャパン株式会社 執行役員専務 瀧口昭彦氏
レノボ・ジャパン株式会社 執行役員専務 瀧口昭彦氏

レノボのシェア
レノボのシェア

続いてThink製品事業部の土居憲太郎氏が登壇。土居氏はまず「ThinkPadとは何か」という問い対し「堅牢性やパフォーマンス、セキュリティ、ユーザービリティなど一般的なニーズに対して高いレベルで対応するもの」と定義し、プレゼンを開始した。

土居氏は次に2000年以降の日本における企業向けPCの出荷台数推移を提示した。これによると2009年のリーマンショックで落ち込んだPC市場はXPの買い換え需要により2011年頃より再び増加。2013年からはタブレット市場が伸びているがこれについて同氏は「タブレットが登場したことでビジネスチャンスが生まれた。従来はPCを置き換えられると言われていたが、PC自身はあまりへこんではいない。むしろ今後新しいOSなども控えており、PCとタブレットをどう使い分けるかという段階になっている」と説明。タブレットは表示端末、入力端末として、PCではオーバースペックな用途で特に伸びるとし、タブレットはPCとともに成長していく市場であるという見解を示した。

レノボ・ジャパン株式会社 Think製品事業部 土居憲太郎氏
レノボ・ジャパン株式会社 Think製品事業部 土居憲太郎氏

ThinkPadとは何か
ThinkPadとは何か

2000年移行の日本におけるPC出荷台数
2000年以降の日本におけるPC出荷台数

引き続き土居氏は、レノボが提供するシンクライアントを使ったVDIソリューションについてデモを交えて解説した。総務省の調査ではクラウドサービスを導入しない企業の理由として最も多いのは「必要がない」で41.7%を占めるが、次に多いのは「情報漏洩などセキュリティに不安がある」が34.4%、「クラウドの導入に伴う既存システムの改修コストが大きい」が22.8%などであった。企業がクラウドを利用するための課題は「セキュリティとサービスの統合・一貫性」とし、データを預かるだけでなく、サービスの一貫性をどう提供するかが重要であるという。

データの管理はもちろん、パスワード管理やアプリケーションの互換性、OSのバージョンやサポート終了を控えるIE 8の問題など社内システムが抱える課題は多い。また、スマホやタブレットの操作性になれてしまった社員は、タブレットのようにすぐに起動しないPCに不便を感じるという。こうした問題点を統合し、エンドユーザーとIT管理者のためのソリューションをThinkPadで提供するという。

土居氏は「レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが立ち上がったことで、ハードウェアやアプリ、サーバーも含めたワンストップのソリューションとし、問題点への対応がスムーズになる。いままでPCをどう極めるかを追求してきたが、そこにこうしたソリューションもつながって来たところがポイントになる」などと語った。

この後会場では、土居氏が中心となって、実際の職場環境でクラウドとシンクライアントを活用する様子を再現したデモを展開。自宅や職場、出張先でクラウド上の同じデータを使って仕事をする様子や、VDIを使ってシンクライアント上で動作の重いアプリケーションを実行する様子などを公開した。

企業がクラウドを導入しない理由
企業がクラウドを導入しない理由

土居氏は自分の日常を再現しながらクラウド環境をベースとした仕事の様子をデモした
土居氏は自分の日常を再現しながらクラウド環境をベースとした仕事の様子をデモした

会場では土居氏の職場を再現。後ろの写真は実際のレノボ・ジャパンのオフィスだそうだ
会場では土居氏の職場を再現。後ろの写真は実際のレノボ・ジャパンのオフィスだそうだ

実際の職場でもトリプルディスプレイ環境で仕事をしているという
実際の職場でもトリプルディスプレイ環境で仕事をしているという

ニュース

ページトップへ