【2月7日発売】Crucial、総書き込みバイト数最大320TBを誇る高耐久2.5インチSSD「MX200」シリーズ

CFD販売株式会社は、Crucial製の2.5インチSSD「MX200」シリーズを2月7日より発売する。容量別に250GB、500GB、1TBの3モデルが取り揃えられ、販売予定価格は、250GBが18,150円、500GBが32,400円、1TB:60,910円(全て税込)。

MX200シリーズは、Marvell製の88SS9189コントローラーを搭載した2.5インチSSD。独自技術の「ダイナミック書込アクセラレーション」を搭載し高速化を実現しているほか、独自の「RAINテクノロジー」や「AES 256ビット暗号化」などにより、信頼性の向上、データの暗号化を実現している。

パフォーマンス公称値は下記表の通り。各モデルの実測値は後述する。



容量 250GB 500GB 1TB
シーケンシャル読み込み 555MB/s
シーケンシャル書き込み 500MB/s
ランダム読み込み 100,000IOPS
ランダム書き込み 87,000IOPS

製品寿命を示すMTTF(平均故障時間)は150万時間。耐久性を示すTBW(総書き込みバイト数)は各モデルにより異なり、250GBは80TB(1日43GB×5年間に相当)、500GBは160TB(1日87GB×5年間に相当)、1TBは320TB(1日175GB×5年間に相当)となっており、一般的なSSDと比較し高い耐久性を誇っている。なおTBWは、SSDが消耗するまでに書き込めるデータの総量を意味している。保証は3年間。

主なスペックは下記の通り。



容量 250GB 500GB 1TB
型番 CT250MX200SSD1 CT500MX200SSD1 CT1000MX200SSD1
コントローラー Marvell 88SS9189
規格 7mm厚2.5インチ、SATA 3.0接続
付属品 9.5mm厚変換スペーサー
MTTF(平均故障時間) 150万時間
TBW(総書き込みバイト数) 80TB 160TB 320TB
保証 3年間

・製品情報
MX200シリーズ

・販売開始日
2015年2月7日(土)

・記事掲載時点でのドスパラ通販販売予定価格
250GB:18,150円(税込)
500GB:32,400円(税込)
1TB:60,910円(税込)

■ ベンチマークテスト結果

ベンチマークテストの測定環境は以下の通り

○測定環境



CPU Intel Core i7 4790
マザーボード ASRock H97 Pro4
メモリ DDR3-1600 4GB×2
OS Windows 8.1 64bit

○250GBモデル

・CrystalDiskMark 3.0.3 1000MB
1000_mx200_250

・CrystalDiskMark 3.0.3 4000MB
4000_mx200_250

・ATTO Disk Benchmark
atto_mx200_250

○500GBモデル

・CrystalDiskMark 3.0.3 1000MB
1000_mx200_500

・CrystalDiskMark 3.0.3 4000MB
4000_mx200_500

・ATTO Disk Benchmark
atto_mx200_500

○1TBモデル

・CrystalDiskMark 3.0.3 1000MB
1000_mx200_1000

・CrystalDiskMark 3.0.3 4000MB
4000_mx200_1000

・ATTO Disk Benchmark
atto_mx200_1000

■ 製品画像

20150206-DSC_0269

容量違いで3モデルを取り揃えている
容量違いで3モデルを取り揃えている

表面
表面

裏面
裏面

SATA接続
SATA接続

左がMX200、右がMX100の比較画像。MX200はSATAコネクタやネジ穴がラベル側に移っている
左がMX200、右がMX100の比較画像。MX200はSATAコネクタやネジ穴がラベル側に移っている

付属の9.5mm厚変換スペーサー
付属の9.5mm厚変換スペーサー

パッケージ表面
パッケージ表面

パッケージ裏面
パッケージ裏面

ニュース

ページトップへ