予算10万円!! あいまいみーまいん、はじめての自作PC(予備知識ゼロ) Text by 林 佑樹

「あのさ~アイドルとか声優が自作するところ、見守りたいんだよね~」という、編集長の実に本能的な発言から成立した本企画。アニメ「ひめゴト」にも出演している声優ユニット「あいまいみーまいん」の4人のPC自作を見守るそれだけのものだが、すっかりパワーユーザー志向になっており、エントリーユーザーには不向きな状況である自作PC界隈。そのあたり、もう少しカジュアルにできないかしら……と攻めあぐねいているのは、メディアだけでなく、メーカーも同様だ。最近ではIntelとAMDともにカンタンに組めることアピールするイベントを行なっている。ロケをして原稿を書いている間に、そんなノリが強くなってしまったのだが、まぁものテクも新規メディアだしってことで、声優さんに自作PCをエンジョイしてもおうというわけだ。

今回のルールは、声優ユニット「あいまいみーまいん」の4人に、予算10万円を渡し、秋葉原にあるドスパラパーツ館で好きにパーツを選んでもらおうというもの。オンラインゲームを遊んでいる摩天楼由香さんは、グラフィックスボードなどの単語を知っていたので、現地判断としてCPUやメモリについてのレクチャーはなし。困ったときはドスパラの店員さんに聞いてくださいとして、作戦スタートである。

というわけでドスパラパーツ館前で記念撮影。左から小野早稀さん、桑原由気さん、東城日沙子さん、摩天楼由香さん
というわけでドスパラパーツ館前で記念撮影。左から小野早稀さん、桑原由気さん、東城日沙子さん、摩天楼由香さん

予算は10万円。妙にやる気が上昇する4人など
予算は10万円。妙にやる気が上昇する4人など

ちなみに予算10万円の用途条件にはOSとディスプレイ、キーボード、マウスは含まれていない。これは難易度調整をするためのもの。本記事を参考に自作PCを考えているのであれば、3万円ほど予算を追加した状態で考えると、スムーズにパーツ選びができるだろう。また下記しているが、一部妙に渋い選択をしている部分もあるため、そのあたりを変更すれば、10万円以内に収めることも可能だ。

オンラインゲームや、ニコ生で使えるPCにしたいと、まずはケースを選び始める。目的がハッキリしているほうが、自作PC用パーツは選びやすいので正解ルートだ。あいまいみーまいんは、アニメ「ひめゴト」をさらに楽しむためのニコ生「ひめゴト霜科高校生徒会」を放映中で、そこで使えるようなPCが欲しいとのこと
オンラインゲームや、ニコ生で使えるPCにしたいと、まずはケースを選び始める。目的がハッキリしているほうが、自作PC用パーツは選びやすいので正解ルートだ。あいまいみーまいんは、アニメ「ひめゴト」をさらに楽しむためのニコ生「ひめゴト霜科高校生徒会」を放映中で、そこで使えるようなPCが欲しいとのこと

選んだケースは「FractalDesign FD-CA-DEF-R4-WH」。理由を聞いてみたところ、白くてかわいいからとのこと。なお同ケースはエアフロー構造もしっかりしており、かつネジレスで作業できる部分も多く、1万円前後のケースとしては仕上がりがいいものだ
選んだケースは「FractalDesign FD-CA-DEF-R4-WH」。理由を聞いてみたところ、白くてかわいいからとのこと。なお同ケースはエアフロー構造もしっかりしており、かつネジレスで作業できる部分も多く、1万円前後のケースとしては仕上がりがいいものだ

ケースを選んだものの、次に何を探せばいいかわからない4人の図
ケースを選んだものの、次に何を探せばいいかわからない4人の図

次は何を選べばいいのか……と迷いつつ、店内をウロウロしていたところ、東城日沙子さんがグラフィックボード売り場を発見。グラフィックボードはNVIDIAとRADEONの2択になり、グレードによってかなり価格が異なる。

グラフィックボード売り場をウロウロ
グラフィックボード売り場をウロウロ

ハイエンドGPUの価格を見て苦笑いするシーンも
ハイエンドGPUの価格を見て苦笑いするシーンも

1万円前後のグラフィックボードを発見して吟味に入るも……
1万円前後のグラフィックボードを発見して吟味に入るも……

あいまいみーまいんが目を付けたのは、Palitのパッケージが同じで中身が微妙に異なるシリーズ。値札の上に補足説明はあるものの、初心者からすると同じものにしかみえない
あいまいみーまいんが目を付けたのは、Palitのパッケージが同じで中身が微妙に異なるシリーズ。値札の上に補足説明はあるものの、初心者からすると同じものにしかみえない

そんな違いに気がつかず、手にしていたのは「NE5T74001301-1073F」。2スロット、補助電源不要モデルだ。似た価格帯でGDDR5 2GBのモデルがあるため、ゲーム寄りの目的であれば、こちらを選ぶほうが正解だったりする。ちなみに選んだ理由は「パッケージがかわいいから」とのこと
そんな違いに気がつかず、手にしていたのは「NE5T74001301-1073F」。2スロット、補助電源不要モデルだ。似た価格帯でGDDR5 2GBのモデルがあるため、ゲーム寄りの目的であれば、こちらを選ぶほうが正解だったりする。ちなみに選んだ理由は「パッケージがかわいいから」とのこと

さて、ケースにグラフィックボードと順調に決まったのだが、CPUとメモリ、ストレージは実物展示ではなく、貼り出しからの選択になるため「わかんない」状態に陥ってしまっていた。自作PC初心者がよく陥る状態だが、そんなときは店員さんを捕まえて質問すればOKだ。

店員さんを捕まえて質問しているところ。このとき、予算と用途を伝えるとジャストなものを教えてくれるので、遠慮なくいってみよう
店員さんを捕まえて質問しているところ。このとき、予算と用途を伝えるとジャストなものを教えてくれるので、遠慮なくいってみよう

データ置き場用として、ウェスタンデジタル「WD20EZRX」を選択。どうやらシステムはSSDにしたいらしい
データ置き場用として、ウェスタンデジタル「WD20EZRX」を選択。どうやらシステムはSSDにしたいらしい

コレ何が違うんだろうね~などと歓談するシーンも。(たしかに型番と容量、回転数だけだとわかりにくい世界ではある)
コレ何が違うんだろうね~などと歓談するシーンも。(たしかに型番と容量、回転数だけだとわかりにくい世界ではある)

このあとはメモリとCPUを選ぶ前に、マザーボードのチョイスに。マザーボードによって搭載できるCPUとメモリに違いがあるため、と入れ知恵したわけだが
このあとはメモリとCPUを選ぶ前に、マザーボードのチョイスに。マザーボードによって搭載できるCPUとメモリに違いがあるため、と入れ知恵したわけだが

015

数字ばかりで脱落直前のふたり(笑)
数字ばかりで脱落直前のふたり(笑)

マザーボードのパッケージや店舗が用意したポップなどの情報を元にメモリを選ぶ
マザーボードのパッケージや店舗が用意したポップなどの情報を元にメモリを選ぶ

018

CPUやメモリなどひと通り揃ったので、計算開始。ここでは後回しにしていた光学ドライブを購入できるのか計算していた
CPUやメモリなどひと通り揃ったので、計算開始。ここでは後回しにしていた光学ドライブを購入できるのか計算していた


一番安い光学ドライブを選んでいるところ

必要なパーツリストが完成。これを店員さんに渡すと揃えてもってきてくれるのだ
必要なパーツリストが完成。これを店員さんに渡すと揃えてもってきてくれるのだ


また不安であれば、コンシェルジュに見てもらうのもいい。間違いや問題点を教えてくれる

コンシェルジュのチェックで問題が発覚。価格優先で選んだマザーボードはBitcoin採掘用のもので、一般的なPCとしても運用可能だが、ゲーム向きではない
コンシェルジュのチェックで問題が発覚。価格優先で選んだマザーボードはBitcoin採掘用のもので、一般的なPCとしても運用可能だが、ゲーム向きではない

問題ナシになったので、レジへ!!
問題ナシになったので、レジへ!!

97827円とほどよいジャスト具合でレジを終了。所要時間は2時間20分ほど
97,827円とほどよいジャスト具合でレジを終了。所要時間は2時間20分ほど

さて構成を少し見てみよう。けっこう普通の構成となっているが、渋い選択としてはCPU Core i7 4790S。低電圧版に属するが、価格帯としてはCore i7 4790と大差なく、さらに超低電圧版Core i7 4790TよりもTDPは高めで、意外とスルーされる存在だ。全員揃って「Sって強そう!」という理由で選んでいたが、ゲームだけでなく、ニコ生なども考える構成であればCPUパワーは必要なのでほどよい選択ともいえるだろう。なおゲーム中心であれば、ここでCore i5にグレードを落とし、グラフィックボードに予算を回すのが正解だったりする。CPUよりもGPUへの依存度が高いためで、同じグラフィックボードを使用した場合Core i5とCore i7でのパフォーマンス差はごく僅かだからだ。

次にストレージ。システム用にSSD ASP600S3-256GM-C-7MMを選び、ゲームや動画、写真ファイルなどの保存用として、HDDになっている。システムだけであれば、128~256GBで十分なので、SSDネイティヴであるWindows 8での運用に適しており、ゲーミングだけでなく、普段使いでもストレスを感じにくくなるというか、bootだけでなく、スリープからの復帰も超速になるので、これから組むのであれば鉄板のパターンといえるだろう。

お買い物がおわったので記念撮影!
お買い物がおわったので記念撮影!

パーツが揃ったら次は組み上げ。がんばって移動しましょう。なおケースがもっともデカくて運搬が大変なので、980円くらいで購入できるキャリーの購入もオススメである。ドスパラにはちゃんと自作PC売り場にキャリーがあるのだ!
パーツが揃ったら次は組み上げ。がんばって移動しましょう。なおケースがもっともデカくて運搬が大変なので、980円くらいで購入できるキャリーの購入もオススメである。ドスパラにはちゃんと自作PC売り場にキャリーがあるのだ!

ものラボ

ページトップへ