東京ゲームショウ2017 VR関連レポート

におい、視線、モーションキャプチャ……VR+αの要素に注目が集まる

 9月21日から24日までの4日間、千葉・幕張メッセにて東京ゲームショウ2017が開催された。今年はVRやARに関係する出展を集めたVR/ARコーナーが設けられたほか、それ以外の場所にあるブースにおいても多数のVR関係の出展が見られた。本稿ではその中から、筆者が注目したブースをいくつかご紹介したい。

■EXPVR「BE THE HERO」

 EXPVRが開発中の「BE THE HERO」は、VR空間でヒーローになって戦うアクションゲーム。街中を高速で疾走しながら、刀で敵を斬って倒していく。

 本作の特徴は操作方法。両手に持ったコントローラ(今回はVIVEコントローラ)を、実際に走る時のように前後に振ることで、プレイヤーが向いている方向へ移動できる。ゲームパッドを使わないVRゲームを作ることにこだわっているそうで、直観的な操作を実現しつつ、VR酔いもしにくい。VR空間をどう移動するのかというのはVRゲームにおける大きな課題とも言えるが、本作はアイデアとゲーム内容を見事に融合させている。

 他には、両方のコントローラを前から後ろへ振りかざすとジャンプ。また敵に接近するとスローモーションになり(ヒーローが超高速で動くのをイメージしている)、コントローラのトリガーを引いて抜刀し、敵を斬って倒す。

 ゲームパートはVRだが、ストーリーはコミック形式で展開される。今回のデモでは、VRシーンに入る前に、主人公がヒーローに変身するまでの流れがコミックで描かれている。もちろんVRヘッドセットをしたままで楽しめる。

 Steamにて今秋アーリーアクセス版を配信予定。対応デバイスはHTC VIVE、Oculus Rift。

・EXPVR
http://expvr.jp/

■南国ソフト「The Outer Foxes」

 南国ソフトが開発している「The Outer Foxes」は、VR空間で他のプレイヤーと対戦できるボードゲーム。アイトラッキング(視線追跡)機能を持つVRヘッドセット「FOVE」を使い、対戦相手の目の動きをVR内のキャラクターに反映することで、“相手がどこを見ているか”を情報として得ることができる。

 ゲームでは、プレイヤーが相対する盤面にそれぞれ8つずつ駒が置かれており、交互に駒を移動させる。移動は前後左右に1マスのみで、相手の駒があるマスに移動すると相手の駒を撃破できる。ただし駒には赤と青の2種類が各4つずつあり、先に相手の青の駒を全て倒すか、自分の赤の駒を全て倒させると勝ちになる。ただし相手の駒の色は見えないので、駒の動きと相手の目線の動きから、どの駒が何色なのかを推測しながら戦うことになる。

 VR内のキャラクターの視線が動くことにより、よりリアルに対戦相手の存在を感じながらプレイでき、現実のボードゲームを思わせる臨場感が生まれている。またプレイの様子を外から見ると、VRゲームにも関わらずプレイヤーがほぼ微動だにしないというのが逆にユニークで面白い。

 ネットカフェなどで利用できるVRサービス「バーチャルゲート」にて、2017年冬に提供予定。

・南国ソフト
https://www.7659sw.com/

■VAQSO「VAQSO VR」

 専門誌ではない一般のメディアからは、東京ゲームショウ2017の目玉はVR関係の出展だということになっていた。中でも最も注目を集めていたのが、VRに嗅覚情報を与えるVAQSO VRだ。簡単に言えば、VR空間でにおいが感じられるというもの。

 VAQSO VRは、120×35×15mmの細長いデバイス。これ自体はあくまでにおいを出すためのものなので、VRヘッドセットは別途必要となる。逆に言えば、VRヘッドセットは何でもいい。会場でも様々なVRヘッドセットと組み合わせて使用されており、VRヘッドセットの下部に接着することで使用者の鼻の近くになるようにされていた。

 筆者が体験したのは、クリーク・アンド・リバー社が開発したVRゲーム「激烈おとっつぁんの ちゃぶ台返し」。唐揚げやさんまの塩焼きが飛んでくるのを、VR空間内の口でキャッチするというシンプルなゲームだ。使用するVRヘッドセットは、同社の子会社が国内総販売代理店を務めているスタンドアローン型VRデバイスのIDEALENS K2+。

 プレイすると、飛んでくる食べ物に応じて、VAQSO VRからにおいが発せられる。実際に体験すると、食べ物が飛んでくるタイミングで香ばしいにおいが鼻先に漂ってきた。におい自体は、さんまの塩焼きだと判断できるほど高精度ではないが、映像情報に連動することで理解度はぐっと高まる。飛んでくる食べ物によってにおいが違うこともしっかりわかった。

 VAQSO VRは5つのにおいを切り替え可能(出展されたプロトタイプは3種類)。重さは50g、バッテリ持続時間は2時間、においの持続期間は1か月としている。2018年発売予定。

・VAQSO
https://vaqso.com

■アンビリアル「アーティファイト」

 アンビリアルが開発中の「アーティファイト」は、VRデバイスとフィットネスに使われるスピンバイクを組み合わせたVRシューティングゲーム。最大3対3のチームに分かれ(会場では2対2)、戦車のようなマシンを操縦しながら弾を撃って、敵チームのプレイヤーと戦う。

 マシンの移動は想像通り、スピンバイクを漕ぐことで行う。早く漕げば速く移動するが、いつまで漕げるかはプレイヤーの体力次第である。左右の旋回は両手に持ったVIVEコントローラのトリガーを使うが、こちらは現時点ではより良好な操作方法を検討中だという。弾はトラックパッドに触れることで撃てる。

 ゲーム内では弾を撃って敵を倒すほか、フィールドに点在するポータルを撃って破壊することでもポイントを得られる。マシンは重装甲型や遠距離射撃型など4種類から選択できる。製品版では走行距離や消費カロリーを表示できる機能も用意するとしており、遊びながらエクササイズができるというのも魅力の1つだ。

 施設事業者向けに12月より販売開始予定。CPUと対戦できる1人用のゲームモードも用意されるので、1台からの導入も可能としている。

・アンビリアル
http://unbereal.co.jp/

■VRTech「Polygon VR」

 VRコーナーの出展ではないが、「World of Tanks」などのゲームを提供するWARGAMINGのブースにて、同社と業務提携しているVRTechが出展。VRとモーションキャプチャーを組み合わせたアクションシューティング「Polygon VR」を体験できた。

 プレイヤーはHTC VIVEを装着し、バックパック型のPCを背負う。さらにマジックテープで止める簡易なマーカーを全身のあちこちに取り付ける。四方が10m以上はある広い空間の上部には多数のカメラが取り付けられている。

 プレイヤーが空間内を移動すると、モーションキャプチャーで動きがつぶさに捉えられ、VR空間へフィードバックされる。頭だけでなく腕や足の動きまで反映されるので、VR空間内で見える自分の体の動きもリアルに再現される。ただし見えるのは重装備をした体毛の濃い腕なので、他人の腕なのに自分の意思で動かせるという不慣れな感覚がある。

 さらに本作は同時に4人でプレイが可能。他のプレイヤーもモーションキャプチャーされた姿がVR空間に投影され、現実とほぼ同じ場所に他のプレイヤーがいることが認識できる。

 ゲームは手にした銃で、4人のプレイヤーが協力して敵と戦いながら進んでいく。ただ広めのフィールドで敵と撃ち合うだけでなく、途中でエレベーターに乗って上のフロアへと移動する。エレベーターはあくまでVR空間内の話であり、プレイヤー自身はただ同じフロアに立っているだけ。だがこれによって、現実には1層しかないフロアで何層もの異なるフィールドを違和感なく体感できる。

 こちらはWARGAMINGが本作を日本でサービス展開するという話ではなく、あくまでVRTechがパートナーを探すためのデモンストレーションとしての出展だということだ。

・VRTech
http://vrtech.global/index_eng.html

■Shenzhen Realis Multimedia Technology「REALIS TRACKING SYSTEM」

 VRとモーションキャプチャーを組み合わせたものをもう1つ。中国Shenzhen Realis Multimedia TechnologyのVRモーションキャプチャーシステム「REALIS TRACKING SYSTEM」が出展されていた。

 こちらもヘッドセットを装着し、バックパック型のPCを背負うが、マーカーはヘッドセットやPC、および両手に持つコントローラーに装着したものだけで済ませていた。体験できたゲームは、1対1で雪合戦をするというシンプルな内容だが、ある程度のスペースを自由に前後に動き回ってもVR空間で破たんすることなく、違和感なく追従していた。

 こちらもコンテンツの紹介ではなく、システムとしての売り込みが目的。特徴は高精度な3D空間トラッキングと、2.9msとする低遅延処理。また最初からVR向けとして開発されていることから、VRコンテンツ開発用のAPIが用意されていることや、同規模のモーションキャプチャーシステムに比べて大幅に安価なこともメリットだとしている。

 日本ではキッズプレートが販売代理店として取り扱っており、「REALIS TRACKING SYSTEM」を使ったVRコンテンツの開発・導入を請け負っている。

・キッズプレート
https://www.kidsplates.jp/

■Pico Technology Japan「Pico Neo CV」

 Pico Technology Japanの「Pico Neo CV」は、同社が手掛けるスタンドアローン型VRヘッドセットの最新型。同社の従来製品に比べて、解像度や処理性能が向上したことに加えて、スタンドアローン型でありながらポジショントラッキング(位置認識)に対応している。

 「Pico Neo CV」はポジショントラッキングのために、ヘッドマウントディスプレイの前面に2つのカメラと3つのセンサーを搭載。そこから得た情報からヘッドマウントディスプレイの位置を認識する。外部のセンサーを使わず、本体側に搭載したセンサーだけで何とかしてしまおうという、画期的な仕組みだ。

 会場にあったプロトタイプで体験させてもらったところ、前後左右への移動や、振り返りの動作においても、現実世界とVR空間のポジションのズレはほとんど感じられず、また動きに対するラグもほとんどなかった。試遊スペースは左右に他の出展があったり、向かい側は広い空きスペースになっていたにも関わらず、違和感がなかったことに驚かされた。

 スペックは、CPUにSnapdragon 835、スクリーンはジャパンディスプレイ製の4K液晶、付属のコントローラーは6軸センサー搭載と、旧製品「Pico Neo DKS」よりいずれも強化されている。発売時期は2017年末から2018年初頭の予定で、日本を含めて全世界同時発売。価格は日本円で10万円を切るとしている。

・Pico Technology Japan
http://jp.picovr.com/

 このほかにも、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアのPlayStation VRなど、多数のVRデバイスやコンテンツが出展されていた。出展者も大手ゲームメーカーから個人開発者まで様々で、内容もコンテンツ、ハード、ソリューションなど多種多様。目的も一般販売のための宣伝から、製品の販売パートナーの募集、技術デモでの開発受託アピールなど、思惑はまちまちだ。

 そんなブースがVR/ARコーナーに数十もあり、特に目的で場所分けがされた形跡もなく、ごちゃ混ぜ状態で並んでいた。そもそもVRは外から様子を眺めても何をやっているのかよくわからず、スタッフに「ここは何をどんな目的で出展しているのか」と尋ねないと、出展内容も理由もわからないことも多かった。まさに混沌とした場所であったが、その状況こそが今のVR市場の現状であり、今後まだまだ可能性があることを示しているのだろうと思う。

Reported by 石田賀津男

この内容で送信します。よろしいですか?