Appleが「iPhone X」を発表、前面カメラは奥行きも認識する「TrueDepthカメラシステム」を採用

 2017年9月12日、Appleは同社の「Steve Jobs Theater」で製品発表会を開催した。発表会では「Apple Watch」や「Apple TV」の新モデル、「iPhone 8」などが発表された。しかしやはり注目の新製品は「iPhone X」だろう。

 iPhone Xはホームボタンをなくし、前面がほぼ一面ディスプレイになるなど外見からも大きく変化したことが分かる。機能面では「Face ID」が注目だ。これは前面カメラを利用した顔認証のシステム。顔認証の技術そのものは新しいものではないが、これまでは写真と照合するのが一般的だった。Face IDは画像としてではなく、立体の情報として顔を認識する。そのために、iPhone Xは前面に奥行きを認識する「TrueDepthカメラシステム」を採用している。

 TrueDepthカメラシステムは赤外線カメラ、メインカメラ、ドットプロジェクターなどを集めたもので、ユーザーの顔を3万ヶ所の頂点情報で立体的に認識する。これにより、誤認識は100万回に1回と高い精度を実現したとしている。またニューラルネットワークを利用した解析により、帽子や眼鏡といった装飾品や経年による顔の変化にも対応し、本人と認識できるという。

 顔を立体情報として認識しているため、iPhone Xではこれを認証以外の用途にも使っている。例として「アニ文字」がある。絵文字のようにメッセンジャーアプリで使える機能で、前面カメラで読み取った表情をキャラクターに反映させられる。発表会ではキャラクターが話しているような動画を作り、相手に送るといった使い方を紹介した。

 TrueDepthカメラシステムはあくまでFace IDのための機能だが、これは小規模な空間認識機能と言える。顔の認識にとどまらず、前面カメラを使ったARアプリも登場するのではないだろうか。iPhone Xは10月27日に予約の受け付けを開始し、11月3日に発売する予定だ。容量は64GBと256GB。価格は税抜きで64GBが11万2800円、256GBが12万9800円だ。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?