MicrosoftがMR対応ゴーグルの動作要件を公開、内蔵GPUでも動作は可能

 Microsoftは開発者向けのWebサイトで、Mixed Reality(MR)対応ゴーグルを使用する際のPCの要件を公開した。海外ニュースサイトの「Road to VR」が報じた。

・Microsoft Publishes New System Requirements for Windows VR Headsets, and An App to Check Your PC
https://www.roadtovr.com/windows-mixed-reality-minimum-requirements-spec-check-pc-app/

 動作要件は2種類あり、「Desktop and Notebook PCs with Discrete Graphics(独立したグラフィックチップを備えたPC)」の場合はCPUに第4世代以降で4コア以上のIntel Core i5またはAMD FX-4350以上、メモリはDDR3 8GB以上、グラフィックス機能はNVIDIAのGeForce GTX 965MXまたはAMDのRadeon RX 460以上でDirectX 12に対応するモデル、といったことが定められている。

 もう一方の「Desktop and Notebook PCs with Integrated Graphics(CPU内蔵のグラフィックス機能を利用するPC)」ではCPUに第7世代の2コアのCore i5でHyper-Threadingに対応したモデル、メモリにDDR3 8GBのデュアルチャンネル、グラフィックス機能にIntel HD Graphics 620以上のDirectX 12に対応したモデル、としている。CPUが第7世代Core i5となっているのは、グラフィックス機能にHD Graphics 620を要求しているためだろう(他の内蔵グラフィックス機能では動作しないという意味ではなく、現時点では未テストのためと注釈がある)。AMDの内蔵グラフィックス機能やノート向けCPUはまだテストされていないため掲載していないという。

 他に共通の要件としてWindows 10のFall Creators Update、10GBのストレージの空き容量、WDDM 2.2に対応したグラフィックスドライバーなどがある。Fall Creators Updateはその名の通り今年の秋に予定されている大型アップデートだ。

 2種類の動作要件は、デスクトップPCならグラフィックスボード、ノートPCならグラフィックスチップの有無が主な違いだ。注意が必要なのは、前者はゴーグルのリフレッシュレートが90Hzなのに対し、後者は60Hzとなる。快適に動作させるには、前者の環境が必要になる。

 上記記事によると、マイクロソフトは「Windows Mixed Reality PC Check」というアプリをWindowsストアで一時公開し、すぐに取り下げた。理由は不明だが、筆者のBen Lang氏は、製品の発売が近付けば再度公開されるだろうとしている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?