丼物を調理しまくれ! 江戸時代風のVR厨房アクション「Counter Fight: Samurai Edition」

 客の注文に合わせて料理を提供する、というゲームは昔から数多く存在するが、それをVR向けのゲームに仕立てたものが「Counter Fight: Samurai Edition」だ。江戸時代風の丼屋で、客としてやってくる侍や町娘に各種の丼物を調理して提供する。基本的には、具材をもとに料理を作って客に出す、という流れを繰り返すゲームである。

 両手に持ったコントローラーは、VRの世界でも手として動かせる。トリガーを引けば手を握って掴む動作ができるので、調理器具や具材を手で掴んで調理する。厨房は手の届く範囲に各種具材や調理器具が用意されているのだが、実際には結構広い範囲にあるので、プレイ前にはそれなりのスペースの確保が必要だ。

 ゲームをスタートしたら、まずはメニューにある「HOW TO」に触れて、各料理の調理方法を覚える。丼物は、親子丼、かつ丼、牛丼などがあり(あくまで江戸時代“風”なので、メニューへの突っ込みはご容赦)、それぞれ使う具材と手順が異なる。丼物の他にも焼き魚や酒もあるが、調理はいずれも数ステップで完成する。もし手順を間違えれば、料理は完成しない。まずは7つのメニュー全ての調理方法を覚えないとゲームにならないので、チュートリアルはきちんと確認しておこう。参考までに、こちらでも調理方法を紹介しておく。

・親子丼
 丼にご飯をよそう → おたまに卵を割り入れる → おたまに鶏肉を入れる → 火が通ったら丼に盛る

・牛丼
 丼にご飯をよそう → 焼き網で牛肉を3枚焼く → 肉が焼けたら丼に盛る

・天丼
 丼にご飯をよそう → 天ぷら鍋で海老天を2尾揚げる → 揚がったら丼に盛る

・うな丼
 丼にご飯をよそう → 焼き網でうなぎを焼く → 焼けたらタレの壷に漬ける → うなぎを丼に盛る

・カツ丼
 丼にご飯をよそう → 天ぷら鍋でカツを揚げる → 揚がったらまな板に置いて包丁で4回切る → 5つに分かれたカツを丼に盛る

・焼き魚
 魚をまな板に置いて包丁で切るようにしてさばく → さばいた魚を焼き網で焼く → 焼けたら角皿に盛る

・酒
 升を持つ → 酒樽からひしゃくで升に酒を注ぐ

 ゲームを開始すると、店に客がやってくる。客の頭上にはフキダシで注文したい品が描かれているので、注文に合わせて調理し、完成したら客の前に出す。客の注文どおりに正しく調理したものを出せればスコアが得られるが、焼きが足りない、手順が違う、違う料理を出すなどすると客が怒る。また客ごとに待ち時間が設定されており、その時間を過ぎても料理を提供できない場合も怒る。怒った客は物を投げつけて、店から出て行ってしまう。

 ゲームモードは、5分間制限のタイムアタックと、時間無制限のエンドレスモードの2つ。エンドレスモードでは、客から投げつけられたものが自分に命中するごとにミスとなり、5回のミスでゲームオーバーとなる。ただし、厨房の後方に立てかけてある刀で飛んできたものを弾き返したり、しゃがんで避けたりはできる。あとはひたすら注文に答え続けて、スコアを稼ぐ。

 7つのメニューを作る以外の要素もある。店には時折、客ではなく泥棒がやってくることがある。店内に泥棒がいる間は、客が怖がって料理を食べてくれなくなるので、店内にあるものを掴んで、泥棒に投げつけて撃退する。投げるのはしゃもじでも生肉でも包丁でも、何でもいい。

 ほかには、稀にプレイヤーの足元に子猫がやってくる。魚をあげると猫神様となり、バレットタイムが発動。しばらくの間、時間がゆっくりと進むので、その間に注文をどんどんこなせる。

 客は複数が同時に待つこともある。それぞれの注文と待ち時間を確認しながら、丼にご飯をよそい、具材を焼いたり揚げたり、包丁や刀で切ったりして、盛り付けて客に提供する。ゲームプレイに使えるのは、両手で物を掴む操作だけだ。

 最初は箸を使って具材をつまむのだが、客が増えて繁盛してくると箸を持つ時間ももったいなくなり、焼き物や揚げ物も素手で掴む(やけどするなどのペナルティはなさそう)。箸は泥棒に投げつける道具と化し、客への提供が間に合わないと覚悟したら刀を手に取る。面倒な注文で調理が間に合わないとわかった時点で、客に空の丼を投げつけて怒らせることもできるし、右側でただ応援しているだけの女の子へ腹いせに海老天を投げつけて怒らせたりもできる。

 事前に調理手順を覚えることだけは必要だが、それ以外は両手であれこれ掴むだけの直観的な操作なので、遊び方に悩むことはない。何度かプレイして調理に慣れてくると、プレイヤー自身の動きがかなり激しくなる。プレイ終了後には、スコアやプレイ時間などと合わせて消費カロリーも表示されるのだが、実際とてもいいエクササイズになる。夢中で遊んだ後は消費したカロリー分の丼物をいただきたいところだが、まずは水分補給をお忘れなく。

・Counter Fight: Samurai Edition(Steam)
http://store.steampowered.com/app/593210/

Reported by 石田賀津男

この内容で送信します。よろしいですか?