HTCが中国で新しい一体型VRゴーグルを発表、新型「Daydream」とは別

 2017年7月27日、HTCは中国、上海市で開催されたゲーム関連のイベント「China Joy 2017」で新しい一体型VRゴーグルを発表した。中国市場限定での販売となる。海外ニュースサイトの「VRFocus」が報じた。

・HTC Vive Reveal First Standalone VR Headset
https://www.vrfocus.com/2017/07/htc-vive-reveal-first-standalone-vr-headset/

 新しい一体型VRゴーグルの製品名はまだ公開されていない。仕様に関しても情報は少ないが、SoCにはQualcommの「Snapdragon 835」を採用しているという。

 Snapdragon 835を採用したHTCの一体型VRゴーグルと聞くと、先日発表された新型「Daydream」を思い出す人も多いだろう。しかし、今回のVRゴーグルはDaydreamとは別のモデルだ。Googleの「Daydream」プラットフォームには対応しておらず、コンテンツはHTCの運営する「Viveport」から入手する形になる。

 一方で、公開されたVRゴーグルのシルエットは新型Daydreamとほぼ同じだ。VR市場において中国は存在感が大きく、売り上げ規模も大きいとはいえ、同じ製品ジャンルでよく似た製品をほぼ同時期に投入する戦略には疑問も感じる。

 もっとも発売時期や価格は未発表だ。新型DayDreamの価格は「VIVEやRiftと同程度」とされており、かなり高価であることを考えると、価格を抑えることで住み分けを図る可能性はあるだろう。いずれにせよ、現時点では中国市場への発売しか発表されていないため、日本国内での入手は難しいと思われる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL

この内容で送信します。よろしいですか?