コンテンツ東京2017開幕、「VR・ARワールド」レポート-五感体感型のデモが増加

 2017年6月28日〜30日の日程で、「コンテンツ東京2017」と「第1回 AI・人工知能EXPO」が東京ビッグサイトにて開催された。出展者数はコンテンツ東京が1,650社、AI・人工知能EXPOが110社。いずれもビジネス向けの商談展で、一般入場はできない。主催はリードエグジビションジャパン株式会社。

 「コンテンツ東京2017」は7つの展示会から構成されており、そのうちの一つである「第3回 先端コンテンツテクノロジー展」には「VR・ARワールド」も特設エリアとして設けられている。単にHMDをつけるだけではなく、身体を動かすことでVR空間内を移動したり体感したりするデモが多かった印象だ。いくつかをご紹介する。

株式会社アルファコードによるVRコンテンツ制作ソリューション「VRider DIRECT」のデモ

■ニーズにあったVR設備提供を可能にする「VR体験施設設置サービス」

 まず、株式会社サードウェーブデジノスと株式会社GrandStageは、VR体験施設設置サービスをデモ展示していた。設置ノウハウがない会社に対して、ニーズにあった設備を設置するというサービスだ。今回のブースでは天井ケーブルレール、クロマキーウォールや緑の床カーペットを使い、体験者がHMDで見ている映像を外部の人も見ることができる体験設備を設置した例を示していた。

VR体験施設設置サービスのデモ

HMDケーブルを天井に配置することでケーブルによる転倒の危険性が少ない

■手をつないでVR内を歩く「VR Private Tour」

 株式会社AOI Pro.は、案内役の人物に手を引かれて、野外の中を歩くVR体験ができるデバイス「VR Private Tour」を出展。体験者はアームを握り、トレッドミルの上を歩行する。

株式会社AOI Pro.「VR Private Tour」

 歩行装置は筑波大学VR研究室の岩田洋夫教授らが開発した前後左右に動ける「トーラストレッドミルmini」を使用することで無限歩行を可能にした。

 HMDにはFOVEを使って視線トラッキングを行い、メンタル状態の推定もしているという。

前後左右に動くトーラストレッドミルmini

この腕をつかんで歩行する

視線トラッキングからメンタルも推定

「フォトグラメトリー」を使ったデモや「空飛ぶマンモス」体験など

 「フォトグラメトリー」を使った高細密な人体や顔の3Dスキャン、モデル化などを行なっている株式会社アタリと株式会社アバッタは、フォトグラメトリーのほか、空飛ぶマンモスに乗るというVR体験などをデモ展示。有名な黄色のゾウさんの上に乗るところから発想したものだそうだ。

アタリとアバッタによる「フォトグラメトリー」を使った人体スキャンと3Dモデル。多数のカメラで撮影した2D写真を合成して3Dモデルにできる

空飛ぶマンモスに乗るというVR体験

■シートが動く多機能VR筐体「VRセンス」

 コーエーテクモウェーブは多機能VR筐体「VRセンス」を使ったジョッキーゲームを紹介。「VRセンス」はPS VRを組み込み、ゲームの状況に合わせて動くシートに、ミストや香り機能などを加えた筐体。100V電源で駆動する。

コーエーテクモウェーブ「VRセンス」

PSVRを組み込んでいる

■VRライドシミュレーター「SIMVR」

 株式会社しのびや.comは多軸モーションでVR体験ができるライドシミュレーター「SIMVR」を出展。

株式会社しのびや VRライドシミュレーター「SIMVR」

■狭い場所でも多人数で体験できるホラーコンテンツ「Clock Walk」

 株式会社ハシラスは「Clock Walk」を展示。東京大学の廣瀬・谷川・鳴海研究室とUnity Technologies Japan合同会社の共同研究成果「無限回廊 Unlimited Corridor」に触発されたもので、視触覚リダイレクションと呼ばれる錯覚の一種を利用してVR空間を歩き続けることができるというアプリケーション。多人数がより小さい空間で同時に体験できるようにした。今回はホラーコンテンツをデモしていた。

ハシラス「Clock Walk」

■VR内で本格テニスが楽しめる「VRテニストレーナー」

 リブゼント・イノベーションズ株式会社はVRテニスができるアプリケーション「VRテニストレーナー」を出展していた。ラケットにはHTC VIVEのコントローラーのセンサがついていて、トラックする。

リブゼントイノベーションズによるVRテニス

■人の動きを検知して映像が動く「滝のある湖」や「絶叫ブランコ」など

 VRや3D映像の株式会社ソリッドレイ研究所は「滝のある湖」と「絶叫ブランコ」の二つのVRコンテンツを出展。「滝のある湖」は人の動きをセンシングして、投影されたコイが動く。

テキスト パーツ

ソリッドレイ研究所「絶叫ブランコ」

 そのほか、MR流体を使ったハプティックコンテンツも出展していた。

MR流体を使って、手触りを変化させる

■「220度 広視野角HMD」や「バルーンカム」

 パナソニックは220度の広視野角を持つHMDの試作モデルや、3Dコンテンツへのプロジェクションマッピング、バルーンカム空撮サービスなどを出展。220度というのは、普通のHMDが100度程度しかないことと比較すると破格である。

参考展示されていた「220度 広視野角HMD」

 バルーンカムは大きなバルーンのドローンを使って空撮するソリューションだ。ライブ会場やイベント演出を用途としている。

パナソニック「バルーンカム」

■スタンドアロン型VRゴーグル「IDEALENS K2」

 株式会社クリーク・アンド・リバーは、IDEALENS社のスタンドアロン型VR-HMD「IDEALENS K2」を出展。一体型ならではのソリューションを展開しているという。なお、IDEALENS以外の機器を使ったコンテンツも開発している。

■VRでリハビリが可能な「リハまる」

 株式会社テクリコは脳卒中などのリハビリ用途にMRを使うアプリケーションとして「リハまる」を提案。HoloLensを使うことで、被験者が飽きずにリハビリを行うことができる。また、ログが取れることが利点で、そこから患者ごとに適したリハビリメニューを自動編成できるという。現状のHoloLensで本格的に実用化を狙うというよりは、今後の発展を視野に入れたアプリケーションということのようだ。

株式会社テクリコ「リハまる」

■VRスロットカーレース

 株式会社シネマレイは名古屋の会社で、トヨタのショールーム用に構築したシステムを紹介していた。VRを使ってスロットカーレースを楽しむというもの。

■定形外郵便サイズの小型カードボード「minimaVR」

 前野段ボール株式会社は「minimaVR」を出展。そのまま定形外郵便で出せるハガキ大サイズにできる、ミニマムタイプの小型カードボードだ。企業用ノベルティなどの用途として展開しているという。たとえば自社工場案内や本社移転案内状などを添付するような使い方だ。

■物を触った感触を超音波で体験可能なデモ

 コーンズテクノロジー株式会社は、代理店となっているイギリス・ブリストル大学発ベンチャーのUltrahaptics社による超音波を使った空中触感伝達技術を出展。デモを通じて評価キットをアピールしていた。

Ultrahaptics。超音波トランスデューサーアレイから超音波を出して集約して触感を生じさせる

■レーザー測域センサーを使ったタッチパネル

 レーザー測域センサーの北陽電機株式会社は、3D測域センサーの実演のほか、センサーを使ったタッチパネルをデモ。あたかもタッチセンサーを使っているかのようなデモを示していた。

北陽電機株式会社の測域センサーを使ったタッチパネルのデモ

Reported by 森山和道

この内容で送信します。よろしいですか?